FC2ブログ
3月25日のテレ朝「報道ステーション」で、ユリ・ゲラーがBREXITを阻止するためにメイ首相にテレパシーを送っていると報じたそうだ。それを知り、江川紹子氏が激おこプンプン丸なのだ。w

 3月25日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)を見ていたら、ニュースの中に、突如、かつてスプーン曲げなどの芸で「超能力者」としてもてはやされたユリ・ゲラー氏の映像が出てきた。

 若い女性アナウンサーが原稿を読み上げる。

「スプーン曲げで知られるユリ・ゲラーさんが、超能力を使ってイギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱を阻止すると宣言しました。現地メディアによると、ゲラーさんは、毎日、午前11時11分と午後11時11分にメイ首相にテレパシーを送っているといいます」(この日のニュース原稿は、昨日まではテレ朝のホームページに掲載されていたが、なぜか今日には本件の原稿のみが削除されていた)

 あきれ果てた。

 バラエティ番組なら、分からないではない。50代以上の芸能人が、かつてテレビでスプーン曲げやら壊れた時計を直すという「超能力」にハマった体験をおもしろおかしく語り、若手のタレントがそれをからかう、というトークが成立するだろう。

 しかし、報ステは(一応)報道番組を標榜しているのではないか。それなのに、天皇皇后両陛下が京都で即位30年を記念した茶会を開かれたことや、中3の女の子が大麻所持で逮捕された事件などと同列に、これを「ストレートニュース」として伝えるというのは、いったいどういう了見なのだろうか。

 その5日前は、地下鉄サリン事件から24年目の日だった。オウム事件で13人の死刑が執行されて、最初の3月20日。テレビ朝日でも報道したのではないか。

 オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫は、空中浮揚をする「超能力者」としてメディアにデビューした。最初の著書のタイトルは、「超能力『秘密の開発法』――すべてが思いのままになる」だ。

 そして、彼が「超能力」を持つ「最終解脱者」と信じた人たちによって、一連の事件は起こされた。

 この事件を振り返る時、ゲラー氏のスプーン曲げによって「超能力」ブームを盛り上げ、さらには教団をお茶の間に広めたテレビの問題を見過ごすことはできない。テレビ朝日はいったい何を考えているのだろう、と思った。

ユリ・ゲラーの「超能力」を伝えた「報道ステーション」は報道番組か?

江川紹子氏は、UFO・超能力・オカルト番組がオウム真理教の台頭を招いたとホンキで信じているようなのだ。
オイラがオウム真理教の存在を知ったのは、坂本弁護士一家殺害事件(1989年11月)が起きた後、イラクのクウェート侵攻(1989年8月)の直後だった。ゼミの夏合宿に行く直前にクウェート侵攻を知り、帰ってきたらワイドショーが子どもがオウム真理教に入信して出家してしまった家族の苦悩を報じていた。

オイラは、骨の髄からオカルト好きで、まだ霊体験なんてしてなかったにもかかわらず、心霊現象を信じていた。しかし、宗教はダメだと思っていた。

それは、大学時代、統一教会(旧・世界基督教統一神霊協会=現・世界平和統一家庭連合)が某国立大学で勝手なことをしており、それを苦々しく思っていたからだ。大学自治会を乗っ取ろうとして、「○○大学新聞」を勝手に発行し、学科の後輩を勧誘しようとした。

また、菩提寺の前住職が、多額の布施を集め、「夜の帝王」となって「夜の蝶」と関係を重ね、そのことを苦に妻が自殺したという話を聴いていたからだ。今の住職と手伝っている弟は、ずっとコイツの息子だと思っていたが、この前聞いたら甥なんだそうだ。

このような宗教の嫌な面を知らないから、宗教に簡単に入信するんじゃないのか? よしりん(小林よしのり)が、「純粋まっすぐ君」がオウム真理教に入信したと『ゴーマニズム宣言』で描いていたが、それは正しいと思う。

「純粋まっすぐ君」といえば、彼女もそうなんだが…

「他者」との遭遇

自分をコントロールする訓練をそもそも受けていない人間が、それゆえに、トラブルを起こして周りを「敵」ばかりにしてしまう。このようなことを想定できないようだった。w

そういうことが想定できる人の方が女優に相応しいと思うんだよね。

末オソロシイ

人間は、善良であるべきだが、悪人が存在し、彼らの生態を理解しないと、その罠にはまってしまう。オウム事件もそのように理解すべきだと思う。

2019.03.29 | ├ オウム真理教の世界! | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/10702-c18cd5a5