FC2ブログ
MIXIでも話題になっていたこの記事ですが…。

 【ヒューストン(米テキサス州)=増満浩志】チンパンジーが4300年前に作った打製石器をアフリカのコートジボワールで発見したと、カナダと米英独の共同研究チームが12日、発表した。

  この地域に現生するチンパンジーは木の実を割る道具として石を使うが、研究チームは「人間をまねて始めたのではなく、人類との共通祖先から受け継がれているのかもしれない」と指摘。近く米科学アカデミー紀要に掲載される。

  カルガリー大(カナダ)のジュリオ・メルカデル教授らが、コートジボワール南部のタイ国立公園で2001年と03年に調査を行い、石器や加工くずなど石片206個を採取。このうち2センチ以上の64個を詳しく分析した。

  その結果、<1>人類の石器より大きく、現生チンパンジーが使う石の大きさに近い<2>人類の石器に多い石英などではなく、現生チンパンジーが好む花崗(かこう)岩<3>チンパンジーの栄養源である木の実のでんぷんが一部の石器に付着していた――などの特徴が分かった。

  現地は熱帯雨林で、開墾されていなかった4300年前は人間もほとんどいなかったと考えられることから、研究チームは「チンパンジーの石器時代は遅くともこの時期に始まっていた」と結論した。ただ、その起源については、「人類との共通祖先までさかのぼる」「人類とチンパンジーが別々に発展させた」など、様々な可能性があるとしている。

チンパンジーが4300年前に作った打製石器を発見(2007年2月13日19時41分 読売新聞)

つっこみどころ満載ですね。

まず、<1>~<3>だけで、チンパンジーが独自に石器をつくったと判断するのは早計のような気がします。

4300年前だから、紀元前2300年頃ってわけでしょ。人類はすでに四大文明(エジプト、メソポタミア、インダス、中国)を成立させてるわけで、そんな昔の話じゃない(←歴史の勉強をすると、こーゆー発想になってしまうwww)。

たぶん、そんな新しい時期の遺跡にもかかわらず、石器が原始的であること(有名な打製石器と磨製石器の区別以外に、考古学では細かい分類がされていて、時代特定の有効な方法となっている)、火を使って調理した形跡がないこと、なんかも(書かれてないけど)人間の遺跡と考えにくいというわけなんでしょうね。

ただ、「現地は熱帯雨林で、開墾されていなかった4300年前は人間もほとんどいなかったと考えられる」っていうのは疑問ですね。アフリカだけでなく、アマゾンや東南アジアの熱帯雨林には、今でも狩猟・採集民が住んでいて、彼らはいまだに石器をつくりますから…(打製石器じゃないけど…)。

それを見て、チンパンジーがサルマネしたのかも知れないでしょ。w

あと、4300年前にチンパンジーが石器をつくっていたからと言って、それ以前からつくっていたと考えるのも早計だし、その後、文化としてまったく継承されていない、のも問題です。

つまり、このような「一過性の出来事」を歴史学はあまり評価しないのです。

「だから何なの?」(by Ayu似のNさん)で終わりです。(爆)

  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  だから、何なの???
  .\____  _______
          )/
    ,.:~"~:.,
   / ノ ノ ハヾヽ
   ( ノ リ リ リ リ ヾ)
   リリ(;;;;;)-(;;;;;)リリ
    リ人""~""ノリ /|
  . . . )  (  ( ) A似のNさん(Ayuの年齢+20歳 女性)

2007.02.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1084-fe01355b