FC2ブログ
テレ朝「白い巨塔」を観た。

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の「5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』」(テレビ朝日系)の最終話となる第五夜が26日に放送された。同話では、岡田さん演じる財前五郎の“最期”が描かれ、SNSでは「白い巨塔やばい。涙腺崩壊しまくってる」「白い巨塔、涙が止まらん」「岡田くんの演技が迫真すぎる」「白い巨塔はやっぱり名作」「たとえ主役が代わっても本当に何度見ても素晴らしい作品」と反響があがった。

 同話では、財前が、信頼をしている里見脩二(松山ケンイチさん)に自身の病気の診断を頼む場面など二人の絆も描かれ、「財前先生と里見先生のやりとりがいい」「『僕だったらお前に切ってもらう』(里見のせりふ)で涙が止まらない」「財前先生と里見先生の関係がすごく好き」「財前も里見も死ぬほどきれいでかっこよかった」といったコメントも並んだ。

 ドラマは、山崎豊子さんの不朽の名作が原作で、大学病院という組織の中の権力争いを軸にした人間ドラマが描かれる。物語の設定を2019年に置き換え、現代の最新医療ならではの新たな世界が展開する。同局の開局60周年を記念した大型ドラマスペシャルとして、5夜連続で放送された。

<白い巨塔>“財前”岡田准一の最期に涙…! 「何度見ても名作」と反響 “里見”松山ケンイチとの絆も

映画とドラマが何回も放送され、話題になっていたので、ストーリーは知っていたのだが、ちゃんと全部観たのは初めてだ。w

一言でいうと、盛り込みすぎ。w

今回のドラマは《教授選挙で勝利→手術患者の死亡→裁判(一審)勝訴→裁判(二審)敗訴→がんで死亡》で、原作だとこれに「学術会議会員選挙の勝利」まである。もっとも原作は、《教授選挙→手術患者の死亡→裁判(一審)》までが正編で、《学術会議会員選挙→裁判(二審)→がんで死亡》は続編である。正編=上り坂、続編=下り坂って感じ。

岡田准一の財前五郎がめちゃくや悪くてw、母の話では近所の人たちも「財前、悪いヤツ」と盛り上がっていたそうだ。元の五郎は悪人ではなかったので、又一(小林薫)の影響で「悪人」化したんだろう(妻=夏帆もクソだが、又一が育てたからw)。「朱に交われば赤くなる」ってこと。w

ちなみに、二審で五郎が患者の死亡原因を柳原(満島真之介)の未熟さのせいにしたとき、「それ言っちゃダメだろ」って思った。五郎は他人の気持ちがわからんのね。w

最後、五郎が末期がんとわかったら、又一や妻も見捨てずに「善人」化したのは意外だった。「教授選に落ちたら、離婚」とか言ってたのにね。とくに、妻は、愛人(エリカ様)に五郎が長くないことを伝え、会わせるなんて心広すぎ。w

大河内(岸部一徳)とか里見(松山ケンイチ)は、もともと人格者って設定だし、東=寺尾聡にとっては元教え子だから、旧敵だった五郎を心配するのはわかるけど、又一と妻の人格変容には驚いた。「人の生命は(人格変容するほど)重い」ってことなんでしょうかね。w

2019.05.27 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/10939-19fa269d