FC2ブログ
MMTの提唱者の一人ケルトン教授が来日し「国際シンポジウム」に参加したので、“DIAMOND OnLine”が記事を書いた。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由

記事はMMTの特徴を以下のようにまとめている。

 MMTが強調するのは、(1)通貨発行権を持つ政府はデフォルトのリスクや財政制約はない、(2)財政赤字は民間の資産増であり民間への資金供給になる、(3)貨幣は税の徴収のために政府が流通させたもので、貨幣価値は政府の信用力で支えられている、(4)租税や公債は財源調達手段ではなく、金利や購買力を調整する手段――といった点だ。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由 4

(1)(2)はそのとおりだが、(3)は市中銀行の信用創造について言及されておらず、(4)はあくまでも現代だから言えることで昔からそうだったわけではない。

(4)については、このように書いている。

 これらの主張の多くは、ケインズ理論などが前提とする財政の考え方と大きくは違わないが、財政赤字や政府の役割をより積極的に肯定しているのが特徴だ。財政の均衡は中長期的にも考慮する必要ないという考え。ただケルトン教授は講演で、MMTが財政赤字を無制限に続けることを肯定しているわけでなく、財政赤字はインフレ率によって調整する考えを強調した。

 インフレや景気は税や国債の増減で調整できるし、雇用も政府の「雇用保障プログラム」を通じて調整されるとする。

 不況期には、財政支出を増やして政府が働く意欲のある人を最低賃金で雇って支えるが、好況になれば失業が減り、賃金の高い民間に雇用が移動するので、財政支出は減るというわけだ。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由 5

問題は、議会承認を必要とする財政で機動的できめ細かな調整が可能なのかという点だ。ここについては、金融政策の方が優れていると思うんだけどね。

ロードレーサーで坂を登るのに、大きな坂だったらギアチェンジが必要だが、小さな坂だったらギアを使わないで登る。ぜんぶギアチェンジしててはレースに勝てないと思うんだが…。w

MMT信者のツイートを読むと、金融政策不要論(アベノミクスで金融緩和してカネ余りだから不要!は除く)みたいなのもあって、それはちがうだろ!と思うんだよね。w

2019.07.17 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(7) |

素朴な理解かもしれませんが、MMTというのは、お札は刷るだけ刷って市中に回せばいい、財政緊縮策などは考えなくてもいいということかなと私なりに思うようになっていました。

ところが現状で日本は大企業がその分内部留保を増やすだけで賃金に反映されない。だからその分を国民(低所得者)は貯蓄に回す余裕すらなく、いわんや(低所得者は)消費に回す余裕自体もない。

だから当面インフレ自体が生じることも考えなくてもいいのだが、それだけでは景気刺激の足元が際限なくなくなるし、低所得者の雇用も増えない。

(雇用自体はこれからの人口縮小や、10年単位でみればAIに労働力が置き換わり、人手が減少するので意外と全体としては増えなくていい? 低所得者へのその分の生活保障さえあれば)

そして派遣など不安定な雇用形態は増加こそすれ減少はしないし、ひとりあたりの賃金も増えない。専門的技能を持つ人と比較的単純労働に近い人の賃金の不公正な格差も野放しとなる・・・

こうした中で年金の破綻はどう位置付ければいいのか‽

どんなもんでしょ? 間違っていればお教えください。

2019.07.17 18:50 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

NHKでみたのですが。中国ではコンビニとかのAI化は過激に進んでいるようですね。あれだけ人口が多くて国民の所得格差が過激な国において、国民の働ぎ口は今後どうなるのだろうとか思ってしまったのですが。

単純動動だけではなく、専門的な技能ですらもAIが取って代わることは時代の趨勢だとは思うのですが。

AI化の問題を現在の経済理論がどう位置付けているのかに興味があります。

全世界の書店がAmazonに市場を乗っ取られた(書籍だけではありませんが)というのもAI化とも言えそうな気もしますが。なのにAmazonは税金を払っていないらしいですが。

医療や介護・福祉どころか、カウンセラーですらAIにかなりの職を奪われる可能性があると聞いたことっがります。


*****

関係ないかも知れませんが、今度「私用の」スマホを、壊れたので中国のoppoという知らないメーカーのに博打で機種交換したのですが、2万円以下なのにiPhoneを脅かしかねない高性能です。電池の持ちも異様にいいです。3日無充電でイケます。

すでに中国トップシェアで全世界でもシェア4位、日本には上陸したばかりです。まずは中国の「地方」で人気が出たそうですが、安かろう悪かろうではないようです。Nexsusとかに手を出すのが馬鹿らしい感じさせる域かと思います。

Twitterで教えてもらったのですが、すでにヨーロッパではoppoだらけで、ウインブルドンの中継とか見ていれば明白だそうです。

http://kasega.way-nifty.com/nikki/2019/07/post-306eb8.html


2019.07.17 19:04 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

「お札は刷るだけ刷って市中に回せばいい」は、じつはMMTではなく、リフレです。

通貨発行は、中央銀行が、お札を刷るよりも、市中銀行の当座預金口座にお金を振り込む(実際は数字を打ち込むだけ)方が多く、そのお金(マネタリーベース)を市中銀行が企業や家計に貸し出さないとお金(マネーストック)は増えません。リフレが失敗したのは、マネタリーベースを増やしても、マネーストックが増えなかったからです。

MMTは、政府はいくらでも借金ができるんだから、緊縮などやめてどんどんお金を使えばよい。そうすれば、マネーストックが増えて、景気が良くなると考えています。


前に内部留保とタンス預金は同じで“S-I”(貯蓄-投資=民間貯蓄超過)で表すという話をしました。投資に回らない=経済成長に寄与しないお金のことです。デフレでは、物価が下がるので、お金の形でもっていた方が有利で、投資=お金をモノ(と労働力)に変えると不利になってしまいます。デフレやデフレ懸念があると、投資が行われず、内部留保が増えるのです。当然、賃金に回らないので、賃金は増えず、消費も減退してしまいます。そうすると、さらに物価が下がる「デフレスパイラル」に陥るのです。

貯蓄が減っているのは、貯蓄するお金がないというよりも、金利が低くすぎて定期性預金にするのがバカバカしいからです。統計上「預金」は定期性預金のことで、金利が低いくせにすぐに下ろせない厄介モノになっています。


ずっとお金の話をしてきましたが、れいわ新選組の安冨歩候補(東大教授)ではありませんが、お金はいらないんです。いらないというよりも、そのときどきで考えればよいのです。

つまり、モノやサービスがちゃんと供給できれば、それで人は生きていけるのです。年金が2000万円足りないのなら、政府が1世帯に2000万円あげてしまえば良いと、のらねこま氏は言ってました。彼はベーシックインカムと政府マネー(中央銀行不要)論者ですけどね。w

じつは、大学の教養部で経済学の講義を担当していた伊東光晴氏も社会保障の話のときに同じことを言ってました。お金は手段なんだからと…。

2019.07.17 23:09 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

そうか、お札の量の話ではなくて、「国債」の量の話でしたよね。

でも、こうやって未熟ながらも自分なりのトンチンカンな感想にもこたえていただけると、理解が深まるので感謝しています。

そういうことまできいてみますと、れいわ新選組の提起している政策は、ポピュリスムなどもっての外、一番妥当ということになりますが、そういう理解でよろしいでしょうか。

2019.07.18 01:31 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

れいわにかんする理解はそれで良いと思います。
ただ、国会である程度の勢力になったとき、ホントに今のままやれるのか?ということにはまだまだ疑問があります。
政治は「しがらみ」なので、正しい意見でも貫けないことが出てきます。妥協をしなければならない場面になって、どのように行動するかはまったくの未知数です。

2019.07.18 10:00 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

政見放送もいいけど演説もすごいと思います。

●れいわ新選組山本太郎福島演説ノーカット

http://kasega.way-nifty.com/nikki/2019/07/post-056e83.html

2019.07.19 06:15 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

感情のコントロールができていて、さすが元・俳優だと思いました。w

もちろん主張もまっとうです。

2019.07.19 13:32 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11177-245287ab