FC2ブログ
NHK総合「ダーウィンが来た!」で「ネコ大特集! “女王”波乱の交代劇」を見た あおさんのツイート。








《今回の放送で一番みせたかったのは、他のネコ科では見られないオスによる共同保育のような行動が観察されたこと、ですね。これは極めて珍しい観察例で、知見として蓄積されます。もしかしたら高密度下のイエネコが、より自身の遺伝子を確実に残すために、多くの異性を相手にする乱婚性から、子育てに成功経験のある固定のパートナーとの共同保育という、一夫一婦制に変化する可能性があるのかもしれません。》

高密度で暮らすとネコもタヌキ化するみたい。ネコが幸せそうには見えなかった。少なくともオイラには…。

《さて、相島のネコ事情。やはり密度が高すぎるようです。オスもメスも餌や子育て場所、メスの確保のため四六時中ケンカしている。まあ歩けば他のネコと顔を合わせるわけだからどうしたってそうなりますよね。ケガも多いだろうし、個体同士の接触が頻繁にあり、寄生虫や感染症は個体群内で共有している状態なのでは。シャームの目は明らかに異常をきたしていました。フゥは足を怪我してたし痩せて見えたので、あのあとあまり希望が持てないように思いました。年に何度も妊娠出産オスやメスと格闘しながらの子育て。コガネの寿命もそう長くはないでしょう。》

この地獄絵図、どこかで見たと思ったら、

餌やりの危険性

でだった。ここでのタヌキのケンカと負傷したタヌキ、疥癬タヌキの数は異常に多い。

2019.07.22 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11187-fcc30493