FC2ブログ
本日(8/1)午後、ある人と会う約束をしていて、仕事を早引けしたら、行けなくなったと連絡が…。しかたなく、家に帰って、ちょっと早いけど、トレイルカメラのSDカードを交換しようと、荒川河川敷「熊の木ワンド」に向かった。

時間が時間だったのでクソ暑かったが、長袖シャツを着て、蚊取り線香を焚き、ヨシ原に突入した。これはいつものこと。

「タンクの林」でSDカードを交換していたら、背後のヨシ原から仔ダヌキが出てきた。仔ダヌキは人間を恐れないので、オイラのことをじっと見ていた。デジカメは持っていたが、刺激すると逃げてしまうので、撮影をあきらめて作業を続けた。

SDカードの交換を終え、こんどは足止め用のドッグフードを探していたら、仔ダヌキがヨシ原の中に入っていき、代わりにオスたぬが出てきた。

オスたぬは、体長50cmくらいで、動画で見るよりかなり小さく思えた。よくビーグル犬のサイズといわれるが、ホントにそれくらいだった。ちなみに、仔ダヌキは、毎日成長しているので、オスたぬの4分の3くらいの大きさになっていた。

オスたぬは、ヨシ原から出て獣道から、ドッグフードを撒くオイラをずっと見ていた。オスのタヌキは、警戒心が強く、人間がいたらすぐに逃げてしまうのだが、オスたぬはむしろ自分の存在を誇示しているようだった。

撒き終わったので、カメラのスイッチを入れ、サクラの木とワイヤーで繋ぎ、鍵をかけた。カメラの角度を調整して、振り返ったら、まだオイラを見ていた。オカシナ行動をすると逃げてしまうので、そのまま退散した。

たぬたぬが逃げなかったのはちょっとうれしかったが、人間を恐れないことはたぬたぬにとっては危険なことなので、すこし心配になった。

だが、ひょっとしてオスたぬは、仔ダヌキが安全な場所に逃げるまで、オイラを見張っていたのかもしれないと考えるようになった。人間がいるのにわざわざヨシ原から獣道まで出てきたのは、オイラの関心を引くためかもしれない。オスたぬのイクメンぶりをずっと見てきたので、そう思えてきた。
回収したSDカードの動画を見たら、(左から)ボスたぬ♀、オスたぬ、仔ダヌキ2匹が餌を食べている動画が撮れていた(もちろん他の仔ダヌキも写っていた)。



前に仔ダヌキが悪戯してオスたぬに噛まれそうになる動画があったが、今回はボスたぬが怒って仔ダヌキを噛む動画が撮れていた。

仔ダヌキがボスたぬの腹の下に入ろうとしたら、ボスたぬが怒りだし、仔ダヌキの首の後ろを噛んだ。痛かったので仔ダヌキは鳴き声を上げていた。



このあと、ボスたぬがフレームアウトした後、もう1匹がボスたぬの方に行き、ボスたぬにタックルされてすっ飛ぶ動画も写っていた。

オッパイをねだったら、ボスたぬが怒りだしたようだった。7月に入り、ボスたぬのオッパイはどんどん小さくなっていった。

ここに写っている2匹(オスたぬ似)の他に、チビ白たぬ(オスと判明)とチビボスたぬ、そして、他の仔ダヌキよりサイズが一回り小さい仔ダヌキがいる。ぜんぶで5匹いるようだ。

ひょっとすると、いちばん小さな仔ダヌキがまだオッパイを飲んでいて、他の仔ダヌキにはあげないようにしているのかもしれない。

大きくなった仔ダヌキにオッパイをねだられ、母ダヌキがしょうがないのであげている動画を見たことがあったが、ボスたぬは(ボスなので)そんなことは許さないようだ。w



動画はこちら。

授乳を拒否するボスたぬ♀

2019.08.01 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11215-f6f14247