FC2ブログ


相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。

2017年8月15日(火)
戦慄の記録インパール

アジア・太平洋戦争で数々の無謀な戦いをしてきた旧日本軍。その中でも究極的に無謀だったのがインパール作戦だ。

「5000人殺せば敵陣地が取れる」というビルマ方面軍首脳の言葉を聞いた青年将校は、敵を5000人殺せば敵陣地を奪えると思っていたら、味方が5000人死ねば敵陣地が落とせるという意味だと知り、愕然となる。それが人命軽視のインパール作戦。

2019.08.24 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11288-a6a4d13c