FC2ブログ
7月24日に放送されたテレ朝「あいつ今何してる?」に出てきた単身赴任のお父さん(伊藤博之さん)の仕事がダム問題にかんする重要な仕事だった。

・どんな仕事をしているのか?
→高知県にある早明浦(さめうら)ダムの管理事務所で働いている
 早明浦ダムに新しい放流管を造る再生事業に携わっている
 この事業は約10年かかり、現在は新たに造る設備が安全に機能するように調査を行っている

#112 2019年7月24日放送



感電に気をつけながら、ダムの下部分から入った博之さんは「早明浦ダム」が通常の貯水率で大雨が降った場合、すぐ決壊する可能性があると話した。博之さんは現在、ダムの壁に水を放流するための穴を開ける、再生事業を担当している。しかし、使用中のダムに穴を開けるのは難しく、設計や周辺一体のデータ収集を行っている

「あいつ今何してる?」 2019年7月24日(水)放送内容

ダムからの補給方法を変更して、利水容量の700万m3を洪水調節容量に振り替え、大雨が降りそうなとき、予め水位を下げて洪水に備える。

容量振替及び予備放流方式の導入

ところが、そうすると、ダムの水位が下がり、今のゲートでは適切な量の放流ができなくなるため、放流設備を増設する。

放流設備の増設

これがお父さん(伊藤さん)の仕事だった。

計画は2018(平成30)年度から10年間なので、昨年の西日本豪雨より前に計画されていた。つまり国交省も洪水の危険性を認知していたということだ。

2019.10.16 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11479-2838ac84