FC2ブログ

三枝玄太郎氏は、まほほん暴行事件ではマトモなことをツイートしているが、元産経新聞記者というだけあって、かなりのウヨだ。w

マトモなことをツイートと書いたが、かなりオカシなツイートもあって、たとえばコレ。


「今回のNGTの騒動に関して非常にニュートラルかつ、正鵠を射た指摘をしていると思います」との評価だが、この人、トンデモないことを書いている。

ところが今回の問題の本質は「藪の中」なのです。迅速に誰かに責任をおしつけて処分するということは、山口真帆さんではない別の誰かについて、事実をきちんと確認せずにその夢を奪うという処分になりかねません。そこまで悪になりきれなかったというのがAKS上層部の対応のぐだぐだの原因だと私は見ています。悪い言い方をすれば「腹黒くなりきれなかった」ことで状況を悪化させました。

山口真帆さん卒業表明がAKBにマズすぎる理由 組織防衛としての対応は大きく間違っている

これを分かりやすく言えば、アヤカニとがたネエを切れってこと。

今でこそ、2人が、犯人グループと「繋がって」おらず、何の落ち度もないと分かっているが、当時は「黒メン」と呼ばれ、オイラもそれを信じていた。だから、2人をAKSが切ったら、それで騒動は沈静化していたかもしれないのだ。

しかし、それでいいのか?ってことだ。
2012年に起きたHKT48「5人活動辞退」事件みたいなことはあってはならない。

活動辞退

当時は、5人全員ヲタと「繋がっていた」などと言われていたが、「繋がっていた」のは、江藤彩也香、谷口愛理、仲西彩佳の3人で、古森結衣は谷口と繋がっていたヲタの罠にはめられてだった。そりゃ、ういたん(古森)のパパも不当解雇だと訴えるよ。

古森結衣の父が『文春』で不当解雇を訴える

HKTの5人脱退の真実を知ってます。

ういたんって、村重やさくらたんと仲が良かったんで、そっちのグループじゃないんですけど…。w

ういたんは、その後、ローカル・アイドルをしてきた経験からAKSはマトモな運営だと言っている。クビになったういたんが…。wwwww

ういたん登場!w

菅本裕子は、SNSでファンにコメントしたことと、ファンにメールを送ったことで、マネーナーにアイドルを続けるのか?と聞かれたとき、続ける気がないと答えてやめた。しかし、劇場公演に出るプレッシャーでオカシクなって、舞台からはけてしまうことが多く、アイドルが合わなかったことが、ホントの理由だった。

ゆうこす@吉田豪とハミダシ女

コメントとメールだけだったのに、飲酒と喫煙をしているというニセ情報が広まり、とても嫌なキモチになったようだ。当時、ゆうこす(菅本)が他のメンバーを誘ったとのウワサもあったが、誘っていたのはあいりす(谷口)だったようだ。

ゆうこすはプレッシャーがかかると逃げ出すという悪い癖があった。モテクリエイターとして成功したんだから、もう逃げないでね。w

当時の佐藤和也劇場支配人が活動辞退の理由を説明をしなかったので、ヲタとの「繋がり」で全員活動辞退したと思われてしまった。

過去のファンとの「繋がり」が原因でHKTに移籍したさしこは、この事情を知って、佐藤支配人を嫌うようになったそうだ。その後、らぶたん(多田愛佳)が移籍して、両あねごがガキばかりのHKT48を指導するシステムが確立した。

翌2013年に佐藤支配人がクビになり、現在の尾崎充支配人が就任して、さしこも劇場支配人に任命され、新体制がスタートした。

2019.11.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11578-2ac2a1c8