FC2ブログ


 京都市動物園(左京区)は29日、ヤブイヌの「パパヤ」(雌・7歳)が死んだと発表した。

 パパヤは今月27日に雄の「デンマル」との間に子ども4匹(後に3匹が死亡)を産んだばかりだった。29日朝になって、パパヤがぐったりしているのを飼育員が見つけ、おなかにまだ子どもがいることが分かり手術したが、同日昼に子宮破裂で死んだ。おなかの子は4匹いたがいずれも助からなかった。

 パパヤは2015年に英国のポートリム野生動物公園から来た。16年2月と9月にデンマルとの子計7匹を産み、うち1匹は今も同園で飼育している。

 ヤブイヌは中南米の森林や沼地に生息し、指の間の水かきが特徴。レッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。

11/29(金) 21:12配信
お腹の子ども4匹も…子宮破裂で母ヤブイヌ死亡 京都市動物園

ふつうは1~6匹(主に3~5匹)出産するので、8匹は多い。飼育員の責任に言及するネット民もいるが、4匹生まれた段階でもう胎児はいないと判断したのはやむを得ないだろう。

ヤブイヌはタヌキと並んで原始的なイヌ科動物とされるが、タヌキも出産に失敗して死ぬことがある。下の記事の後半に出てくる「ケンケン」は出産に失敗して死んだようだ。

餌やりの危険性

動物園が餌を大量に与えるってことはないので、胎児の数が多すぎたのが原因だろう。最初に生まれた子どもも4匹中1匹しか生き残っていない(出産当時は1匹が死産だった)。子どもが未熟児だったのではないだろうか?

2019.11.30 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) |

悲しいニュースです。
つい先日、
ナイル君を最後にライオンは飼育しないとか、
アカゲザルのサル山をマンドリル山にするとか、
今後の方針ニュースを見たところでした。
せめて一頭が元気に育ちますように。

2019.11.30 21:27 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

ヤブイヌは、タヌキと同じく、オスも子育てするんですけど、さすがにお乳は飼育員が与えるので、親子関係が築けるか、心配です。

2019.11.30 22:14 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11630-011ecb0a