FC2ブログ
熊谷6人殺害事件で、東京高裁が、一審の死刑判決を破棄し、無期懲役判決とした。

 埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決で、東京高裁(大熊一之裁判長)は5日、死刑とした一審さいたま地裁裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。被告が統合失調症の影響で心神耗弱の状態だったと認定した。

 責任能力の有無や程度が争点。弁護側は被告を精神鑑定した医師の証言などに基づき、統合失調症の影響で心神喪失だったとして無罪を主張していた。

 一審判決は被告の統合失調症による妄想の影響は限定的だったと指摘し、求刑通り死刑とした。

12/5(木) 15:20配信
熊谷6人殺害、二審は無期懲役 ペルー人の男、心神耗弱認定

被告が、統合失調症で事件を起こす前から意味不明の行動を取っていたので、妥当な判決ではないのか? 心神喪失で無罪になってもオカシクない。

奥さんと子ども2人を殺された遺族がめちゃくちゃ怒っていた。

<熊谷6人殺害>なぜこんなに被告は元気なんだ…妻子殺害された男性が怒り 被告側は無罪主張「理不尽だ」

<熊谷6人殺害>こんな理不尽ない…妻子殺害された男性怒り 5日に控訴審判決「ぬくぬくと生きている」

家族が殺されたのだから、そりゃ怒るだろう。

警察が、9月13日に被告をいったん保護したものの、不注意で逃走された後、事件が起きているので、そっちの方が問題である。

しかも、9月14日夕方に最初の事件(夫婦を殺害)が起きた後も、住民に事件の発生を知らせず、16日午後に第2の事件(独身女性を殺害)が、夕方に第3の事件(上記)が起きている。上記の遺族は、この不手際にかんして国家賠償請求訴訟を起こしている。

また、一審で死刑判決が出たのに、二審で無期懲役になったことで、怒っている人が多いが、そもそも異常な心理状態で起きる殺人事件をふつうの市民が裁くってこと自体に無理があるのではないか? しかも、本件は本当に精神異常者なんだから、ますます問題だろう。

2019.12.05 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/11644-63e013a2