FC2ブログ
女性プロレスラー木村花さんが亡くなった件について、ハフポストが記事を書いていた。

人気リアリティーショー「テラスハウス」に出演しているプロレスラーの木村花さんが5月23日に亡くなったことを受けて、テラスハウスの元メンバーの水越愛華さんがInstagramを更新。死の直前まで木村さんとやりとりしていたこと、異変に気づき木村さんの自宅に向かったことなどを明かした。また、「表に立つ仕事をしている人もみんな人間」「覚悟が足りない、メンタルが弱いという問題じゃない」と、ネット上での誹謗中傷に対する反論をつづった。

     [中略]

異変に気づき、すぐに自宅を飛び出し
彼女の家に向かいました。
家に着いてもそこに姿は無かったので、
病院に向かいました。
病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました。
向かっている最中、私はどこかで
生きてるだろうと思い込んでいました。

木村花さん急死、元テラハメンバーの水越愛華さんが直前の様子を投稿「異変に気づき、彼女の家に向かいました」

これを読むと、木村さんが自殺したのは事実のようだ。

しかし、母の響子さんは娘のプライバシーを暴くことをやめて欲しいと訴えている。


リンクがキレてたら…
木村花さん急死、元テラハメンバーの水越愛華さんが直前の様子を投稿「異変に気づき、彼女の家に向かいました」

木村さんの死因などの詳細は明らかにされていないが、ネット上での誹謗中傷を問題視する声が噴出しており、芸能界などからも多くの人々が声をあげている。

ハフポスト日本版編集部


人気リアリティーショー「テラスハウス」に出演しているプロレスラーの木村花さんが5月23日に亡くなったことを受けて、テラスハウスの元メンバーの水越愛華さんがInstagramを更新。死の直前まで木村さんとやりとりしていたこと、異変に気づき木村さんの自宅に向かったことなどを明かした。また、「表に立つ仕事をしている人もみんな人間」「覚悟が足りない、メンタルが弱いという問題じゃない」と、ネット上での誹謗中傷に対する反論をつづった。

あの日の夜中、
たまたま遅くまで起きていて
彼女がストーリーを更新していて
何気なくDMを送りました。
彼女からの返信はいつもと様子が
違くて、途中から返信も来なくなって、
気になってTwitterの投稿を見て
異変に気づき、すぐに自宅を飛び出し
彼女の家に向かいました。
家に着いてもそこに姿は無かったので、
病院に向かいました。
病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました。
向かっている最中、私はどこかで
生きてるだろうと思い込んでいました。
そして、何事もなかったとしても
抱きしめようと思っていました。
“あなたが、こういう状況になったら
いつでも駆けつける仲間がいるんだよ”って、
“あなたが自分に傷を付けてもいいのは
リングの上だけだよ”
って伝えようと思っていました。

卒業したら旅行に行こうねって、
一緒に潰れるまでお酒を飲もうねって、
また、ご飯も行こうねって
約束をしていました。

私もテラスハウスに出て、
誹謗中傷を受け、傷付きました。
その様子も配信されていたので
知ってる人もいると思います。
“テレビに出てるから仕方ない”
“傷付くくらいなら出るな”
“死ね”、“出て行け”
沢山言われました。

でもね、表に立つ仕事を
している人もみんな、
人間なんです。
感情があるんです。
言葉は本当に、凶器になります。
表に出ているから仕方ない、
覚悟が足りない、
メンタルが弱い。
そんな問題じゃないんです。
いわゆる有名な人には何を言ってもいい、
そんな風潮を払拭しなければいけません。

どんなに悔やんでも、
彼女は帰ってきません。
もう笑顔を見ることもできないし、
一緒にご飯を食べることもできない。
最後の姿が頭から離れません。
いつも笑顔が素敵な彼女が
あんな姿になってしまっただなんて。
あの姿が最後だなんて
思いたくない、信じたくないよ。

花ちゃん。
言い合いもしたね。でも、
沢山買い物に行ったり
映画を見たりお出かけもしたね。
楽しかったね。
いつもふざけあって、
時には励まし合ったよね。
プロレスの試合中のあなたは
本当にかっこよかった。
でも、恋愛をしている姿は
本当に可愛かった。
もう、あなたに会えないと思うと
辛くてたまりません。
どうか、どうか
安らかに眠ってください。
ゆっくり、休んでね。
もうあなたを傷付ける人はいないよ。
出会ってくれて、
ありがとう。
助けられなくて、ごめんなさい。

心よりご冥福をお祈りいたします。

木村さんが亡くなったと見られる夜、ダイレクトメッセージのやりとりで異変に気づいた水越さんは、木村さんの自宅を訪れたのち、病院に向かい「変わり果てた彼女」と面会したという。

「(病院に)向かっている最中、私はどこかで生きているだろうと思い込んでいました」と水越さん。

「何事もなかったとしても抱きしめようと思っていました」「“あなたが、こういう状況になったらいつでも駆けつける仲間がいるんだよ”って ”あなたが自分に傷を付けてもいいのはリングの上だけだよ”って伝えようと思っていました」と振り返る。


■ 「表に立つ仕事をしている人もみんな人間」

テラスハウスを巡っては、出演者に対しての中傷がネットで横行してきた。木村さんに対しても、番組内での言動に対する誹謗中傷が相次いでいた。

水越さんは、自身もテラスハウスに出て誹謗中傷されたといい、「いわゆる有名人には何を言ってもいい、そんな風潮を払拭しなければいけません」と呼びかけた。

「私もテラスハウスに出て、誹謗中傷を受け、傷付きました。その様子も配信されていたので知ってる人もいると思います。”テレビに出てるから仕方ない” ”傷付くくらいなら出るな” ”死ね”、”出て行け”沢山言われました」

「でもね、表に立つ仕事をしている人もみんな、人間なんです。感情があるんです。言葉は本当に、凶器になります。表に出ているから仕方ない、覚悟が足りない、メンタルが弱い。そんな問題じゃないんです」


■「もうあなたを傷付ける人はいないよ」

木村さんとの思い出の動画や写真とともに、思いをつづった水越さん。

助けられなかった無念とともに、木村さんを悼んだ。

「どうか、どうか安らかに眠ってください。ゆっくり、休んでね。もうあなたを傷付ける人はいないよ。出会ってくれて、ありがとう。助けられなくて、ごめんなさい。心よりご冥福をお祈りいたします」

木村さんの死因などの詳細は明らかにされていないが、ネット上での誹謗中傷を問題視する声が噴出しており、芸能界などからも多くの人々が声をあげている。

2020.05.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12181-35d01ab9