FC2ブログ
アホやねん(早川聖来)の出身地・大阪府枚方市の「七夕伝説」が偽史らしいという記事

枚方市の七夕伝説は偽史

を書くにあたって知った「椿井(つばい)文書」。それについて馬部(ばべ)隆弘氏(大阪大谷大学准教授)が書いた記事

数百点も存在する偽文書「椿井文書」とは。町おこしに使われる史料は本物か?

を読む。



[前略]今世紀に入っても、多数の研究者が当たり前のように使っている偽文書が存在したのである。それが「椿井文書」である。しかも、近畿一円に数百点もの数が分布しているというだけでなく、現代に至っても活用されているという点で他に類をみない存在といえる。分布の範囲やその数、そして研究者の信用を獲得した数のいずれにおいても、日本最大級の偽文書といっても過言ではないと思われる。
「椿井文書」とは、山城国相楽郡椿井村(京都府木津川市)出身の椿井政隆(まさたか1770-1837)が、依頼者の求めに応じて偽作した文書を総称したものである。

筆者が「椿井文書」の存在に気づいたのは、2003年の終わりごろだったと思う。大阪府枚方市(ひらかたし)の市史担当部署で非常勤職員としてつとめはじめ、1年あまりが経過したころであった。

きっかけは、津田城という枚方市を代表する山城の歴史を簡単にまとめてほしいという依頼にあった。調べていくうちに、津田城は中世の城ではなく、近世に津田村の村人が創作した由緒に起源があると気づいた。その由緒とはかつて津田山の山頂に津田村出身の津田氏の城があったというもので、そのことによって津田山の支配権が中世にまで遡ることを主張しようとしたのである。

さらに調査を進めると、津田村と敵対していた穂谷村では、それに対抗して新たな主張を展開したことも浮かび上がってきた。すなわち、それ以前の古代に、朝廷に氷を納める氷室が存在した穂谷村こそがこの地域の本来の中心で、津田山の支配権も自村にあるという主張である。

『枚方市史』には、穂谷村に所在する三之宮神社の所蔵文書が掲載されており、そのなかにかつて氷室が存在したと記されている。これらの古文書が実際に作成されたのは近世だが、中世史料編に含まれているので、『枚方市史』では偽文書とは認識されていないことになる。

この三之宮神社文書の入手経路を調べてみると、原蔵者として椿井政隆の名前が浮上してきた。三之宮神社文書が椿井政隆作成の偽文書であることも明確となった。

それからも椿井政隆の存在が気になって、穂谷村と隣接する南山城地域の自治体史もめくり続けてみると、似たような内容の古文書が次から次に見つかった。しかも、いずれも正しい中世史料として掲載されているのである。

     [中略]

椿井政隆は、対象となる地域で系図をいくつか手がけると、ある合戦に馳せ参じた者たちなどの人名を連ねた連名帳を作成する。その際、系図上の人名と連名帳の人名を年代的にも符合させ、相互に関係を持たせることで両者の信憑性を高めるのである。

さらに、寺社の縁起や史蹟の由緒書を作成したうえで、それらの寺社・史蹟や系図を持つ家々などを絵図のうえに集約して表現する。このようにまとめられた各地域の歴史は、興福寺の末寺リストとされる「興福寺官務牒疏」で改めて総括される。これによって、遠隔地の歴史が相互に関係するうえ、興福寺の古文書と合致するという誤解もなされ、さらなる信頼を得てしまうのである。

このように、椿井政隆はあらゆるジャンルの史料を複雑に関係づけることで、偽文書に信憑性を帯びさせていたのであった。しかも、椿井政隆は村と村が対立しているところに出没し、論争を有利に導くような偽文書を作成することで村々の欲求に応えていた。これも、椿井文書が受け入れられてしまう理由の一つだ。

     [中略]

市制60周年記念の一環で、枚方市教育委員会が2008年に発行した小学生向けの副読本『発進!!タイムマシンひらかた号』には、アテルイの首塚や七夕伝説、そして王仁(わに)墓に関する椿井文書なども登場する。枚方市役所では、歴史的な内容の記述がある場合は、市史資料室がチェックする習わしになっていたので、筆者も立場上、この冊子について不適格な記述は全て書き換えるよう要望した。

すると、編集を担当した指導主事は、「史実でなくてもいいから、子供たちが地元の歴史に関心を持つことのほうが大事」とこの冊子の編集方針を明言した。怒りは覚えたものの、正直なところをいうと驚きはあまりなかった。なぜなら、これはほんの一例で、何度も同じような苦い思いをしていたからである。




神代文字で書かれたとされる「竹内文書(たけのうちもんじょ)」や、江戸時代に書かれたはずなのに「二十万光年」などという記述がある「東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)」は、あからさまに偽文書だとわかるが、「椿井文書」は巧妙に偽造されているので、偽文書だと気づかないのだろうか?

もっと詳しく知りたい人は、馬部氏のブログ(↓)か

馬部隆弘 研究ブログ

著書『椿井文書―日本最大級の偽文書』(中公新書、2020年)を読んで欲しい。

2020.09.28 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12664-bb50581d