FC2ブログ


「DIVER-特殊潜入班-」第4話を見た。

ついにクライマックスへ!国際会議がテロの標的に!?兵悟(福士蒼汰)たちD班は疑惑の貿易会社社長に接近し、テロ組織の壊滅を狙う!

数週間後に日米安全保障会議を控えたある夜、神戸の百貨店の前で爆発事件が発生。爆発物から微量の化学物質が検出されたことから、阿久津(りょう)はテロの可能性を考えるが、大事な会議を前に警察の威信を守りたい警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)は阿久津に事実の隠ぺいを指示。さらに、日米安全保障会議で厳重に警備をするようくぎを刺す。

阿久津は、警視庁から届いたテロに関する資料を伊達(安藤政信)に渡し、D班に潜入捜査を命じる。資料には、元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)という男の情報が記されていた。渡辺は外務省を辞めた後、化学物質の輸入や輸出を行うリトレイド貿易という会社を立ち上げ、最近では、猛毒の神経ガスの原料を不正輸入しようとする動きがあるらしい。渡辺には現外務大臣に辞任に追い込まれた苦い過去があるため、国際会議の場でテロを起こす動機も十分。爆発事件の犯人が渡辺に接触する可能性があることから、兵悟(福士蒼汰)と将(野村周平)は早速、リトレイド貿易に潜入。渡辺の動向を探っていると……。

#04 10月13日(火)放送


以下はネタバレあらすじw
第3話(10月6日)のラストで、兵悟が銃口を向けていた男・岡本正秀(寺脇康文)は、阿久津がかつて警視庁にいた頃の同僚であり、兵悟と岡本の“過去の出来事”は、今も兵悟の心に刻まれ続け、阿久津にとっても警察組織の腐敗を目の当たりにし「強い警察を取り戻す」という使命感を抱くきっかけとなった。

麗子(片瀬那奈)は、渡辺に接触して食事に誘い、その間に兵悟と将が社長室に盗聴器とカメラを設置した。宮永(浜野謙太)が爆弾犯人の写真を入手、国内極左組織の幹部だった真下一郎だと判明した。真下とともに組織を抜けた田島が、渡辺の社長室に現れた。隠しカメラで監視をしている宮永から兵悟のもとに連絡が入る。しかし…

音声が聞こえず、映像も乱れている。何者かが妨害しているらしい。将が急いで社長室に行くが、話は終わっていて内容は分からなかった。将は田島を乗せたタクシーをバイクで尾行した。将は、神戸空港につくと、何者かに襲われる。伊達が助けにいくと気絶しており、田島は空港から姿を消していた。

「こうなったら、渡辺に吐かせるしかない」兵悟は作戦を変更する。麗子は、渡辺と夜のバーに呼び出し、「なんとか、優先してほしい」と色気で迫り、ホテルの部屋に。すると、覆面をした男たちに襲われる。麗子は銃で撃たれ、渡辺は拉致される。拉致班は伊達と兵悟だった。

目隠しされた渡辺は、おもちゃのピストルを突きつけられ、田島から3000万円でブツを密輸することを白状する。渡辺は、眠らされ、社長室に運ばれる。目覚めると、3000万円が置かれていた。

渡辺は、約束どおり兵悟の運転するトラックに荷物を載せる。兵悟は、将の車に荷物を移動させるが、捜査員に囲まれていることに気づく。兵悟が囮になり、将を逃がし、警察官にトラックを囲まれる。

警察が渡辺を逮捕し、兵悟は手錠をかけられ警察に。取り調べ受けるが完全黙秘する。名前もでたらめで、兵悟が何者かがわからずにいる。兵悟の要望で阿久津が兵悟の取り調べに当たる。

「情報を流したのは誰だ?」という兵悟に阿久津は「警視庁の遠藤」と答える。「相変わらず腐ってるな」と兵悟。「警視庁の手に渡ったら、どうすることもできない」と阿久津は兵悟に言う。阿久津は黙って取調室を出ていく。兵悟「さぁてと」

2020.10.17 | ├ テレビと映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12737-e60a3aa9