FC2ブログ
「文化講演会」呉座勇一「陰謀の日本中世史―本能寺の変を考える」(2019年9月23日@NHK文化センター青山教室)



◎「本能寺の変」の謎:明智光秀の謀反の動機がわからない

1.怨恨説…織田信長の仕打ちに光秀がキレた
 (1)丹波八上城攻めで母親を殺された
 (2)徳川家康接待時の叱責
 (3)斎藤利三を家臣にしたことへの稲葉一鉄の苦情
 (4)武田攻めでの言動に信長が激怒
 (5)山陰への国替え
  ⇔いずれも史実なのか疑問

2.野望説…光秀も天下を欲しかった
 (1)高柳光寿『明智光秀』(1958)
  ◆愛宕百韻「時は今雨が下しる五月哉」
 (2)桑田忠親の批判…怨恨説
  ◆ルイス・フロイス『日本史』…信長が光秀を足蹴
  …光秀は秀吉・家康より劣る?←結果論

3.黒幕説…光秀に信長を討てと使嗾した者がいる
 (1)朝廷黒幕説…桐野作人、立花京子など
  ◆信長と正親町天皇が対立していた
  ◆信長の自己神格化
 (2)信長と朝廷が対立していたのか?
  ◆馬揃えはお祭り
  ◆天皇の譲位にはお金がかかる⇔お金がない
  ◆信長の神格化…ルイス・フロイスしか記述がない
  ◆朝廷に反信長勢力はホントにいた?
 (3)足利義昭黒幕説…藤田達生
  ◆義昭を奉じて上杉氏、長宗我部氏らと同盟する
  ⇔義昭の影響力は衰えて無視されていた
 (4)黒幕説の前提…事前に謀反を計画していた ←ホント?
  ◆事前準備は不可能…突発的な謀反

4.四国政策説…長宗我部氏と連合 → 長宗我部氏の領地を削減
  ◆光秀は板挟み → 光秀は失脚?
  ◆光秀は67歳?(従来は55歳説)…粛清の対象?

5.黒幕説の人気…信長神話
  ◆信長=天才を光秀=秀才は倒せないはず
  ⇔信長は裏切りを察知する能力が低い

2020.10.20 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12751-3804dd7e