FC2ブログ


「DIVER-特殊潜入班-」第5話を見た。

ついに最終回!兵悟(福士蒼汰)が逮捕され、D班に最大の危機!
すべての謎が明らかになる衝撃のクライマックス!


リトレイド貿易の渡辺(戸田昌宏)の密輸取引現場にて、警察に身柄を拘束された兵悟(福士蒼汰)。警察の取り調べで阿久津(りょう)と面会した兵悟は、今回の一件が、かねてから阿久津を快く思っていなかった遠藤(小市慢太郎)の仕業だと知る。遠藤はD班の存在をあぶり出し、数々の功績を上げる阿久津をつぶそうと考えたのだ。

その翌日、兵悟は警視庁への移送中に護送車から脱走。身を隠しながら反撃のチャンスをうかがっていると、テロ騒動の発端となった爆発事件の犯人について、あることに気付く—。

兵悟からメッセージを受け取った伊達(安藤政信)は、兵悟が遠藤に反撃するつもりだと直感。しかし、兵悟が遠藤を狙う理由はほかにもあって…!?

警察組織の一新をもくろむ阿久津を突き動かす過去の惨劇、兵悟と阿久津をつなぐ謎の男の正体、さらに、将(野村周平)の知られざる過去とは!?

D班発足の裏に隠された真実—、ついにその全貌が明らかに!

#05 10月20日(火)放送

以下はネタバレあらすじw
ネタバレ1:テロ事件自体がフェイク

ネタバレ2:将は潜入捜査で殺された岡本正秀(寺脇康文)の息子

ネタバレ3:事件は遠藤を陥れるための阿久津の策略で将はその手先


兵悟は、監視カメラに写った真下一郎の背の高さがオカシイと気付き、調べると真下はすでに死んでいた。

かつて、岡本と兵悟がロシアの密輸組織との取引に潜入したとき、警官の潜入をリークされ、兵悟の正体がバレる寸前、岡本が疑いを自らに向けさせるため逃げ出す。捕らえられた岡本の殺害を命じられ、兵悟は銃を向ける。銃声が響き、岡本が崩れ落ちた。

兵悟の逃亡で日米安全保障会議の会場は厳戒態勢となった。遠藤と阿久津、伊達は会場の警備にあたり、麗子はワゴンカーの売り子となり、中で宮永はカメラを監視した。何者かが、警備員を倒して警備服に着替え、ガス・マスクを被って会場に潜入した。

阿久津に非通知電話がかかる。兵悟だった。「俺達が受け取った資料は全部がフェイクだった。あんたが遠藤に餌をまいて、邪魔な俺を逮捕させたんだろう。テロに見せかけて遠藤をしとめるため、そうだよな阿久津さんよ」

「退避、退避させろ」伊達が叫び、会場内は全員退避で騒然となる。

遠藤も退避すると歩きはじめると、マスクをかぶった男が背後に。兵悟はマスク男を阻止しようと格闘するが、兵悟は倒され、宮永に連絡する。

マスク男は遠藤にVXガス入りのボールを投げるが、宮永がスプリンクラーを作動させ、テロは阻止された。マスク男は倒れた遠藤にピストルを向ける。「もう、マスクとれよ、将」マスク男は将だった。

兵悟は「お前の父親を殺したのは俺だぞ。俺はあの現場で父親を撃ち殺した。この銃で」と言う。将は、振り向き兵悟を撃つが、急所を外す。

伊達が現れ、「佐根村、銃をおろせ。お前が銃を向けているのは、父親が守った男だ。そいつを殺せば父親の命が無駄になる」と言う。

「邪魔するな、撃てよ」兵悟の叫びとともに銃声。しかし、将は弾をはずす。「俺はまだやることがある」と兵悟は車に乗り込み、伊達は将を連れ現場をあとにする。

兵悟は阿久津を夜の港に呼び出す。阿久津は兵悟に言う。「話はそれだけ? 期待してたのよ。今のこの世の中をみなさい。正義が強者のために利用されている。私は手段を選ばない」

すべてをボイスレコーダーに録音していた兵悟に阿久津は言う。「私を脅す気?」阿久津は銃を兵悟に向ける。「それを渡すか海に捨てるか、どちらかにしなさい」

兵悟「もうひとつの選択肢がある。俺を撃ち殺せ」阿久津「岡本は本当にあなたが撃ったの?」兵悟「そうだよ」阿久津は兵悟を撃つ。兵悟は海に落ちた……。


一年後、警視庁で部下たちの先頭を歩く阿久津と、それを見送る遠藤。

将と兵悟は潜入捜査で入手した金を持って逃走。車で待機した伊達は「金を捨てろ」と指示。将は金を捨てるが兵悟はしっかり持って走る。

2020.10.23 | ├ テレビと映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12759-64e27ca7