FC2ブログ
東京・目黒区のタワーマンションで起きた強盗事件の報道。



被害女性・里見ゆりあさんの話…



彼女の壮絶な人生と「2億円脱税事件」についての記事は最後に…


リンクがキレてたら…
目黒タワマン 600万円強盗 被害女性「もう終わったな...」
2020/10/27

東京・目黒区のタワーマンションで起きた強盗事件。

宅配業者を装い、犯行に及んだ疑いで逮捕されたのは17歳から19歳の少年3人だった。

現金およそ600万円を奪われた当時の状況を被害に遭った女性が明かした。

被害女性「押し入ってきて鍵をしめられて、逃げようとしても腕をつかまれて、その瞬間に『終わった。終わったな』と思いました」

事件は10月26日、東京・中目黒駅前に建つ地上45階建てのタワーマンションで起きた。

30代の女性が住む部屋のインターホンが鳴ったのは午前10時半ごろのこと。

被害女性「皆さんが知っている宅配業者の制服というか偽物の衣装を着て、大きめのダンボールを持ってきたという感じ」

作業着姿の男が宅配業者だと名乗ったため、女性はマンションのオートロックを解除し、相手をマンション内に入れた。

その後、荷物を受け取るため部屋の扉を開けて待っていると、マスク姿の男2人がやってきたという。

被害女性「荷物をわたしが受け取ろうとした時に(男が)向かってきて、『これはまずい』と思って、(扉を)がっと押さえて閉めたけど、それでも開けられて入ってこられて」

女性が荷物に気を取られていた隙をつき、2人は部屋に侵入。
女性は激しく動揺した。

被害女性「パニックにはもちろんなるし、もう殺されるかも、縛られるかも、監禁されるかも、拉致されるとか本当にもうパニック」

2人は「俺は人を刺したこともある。金を出せば帰る」と脅しながら、女性の腕を引っ張るなどの暴行を加えたうえに、金庫や棚にあった現金およそ600万円を奪い部屋から出ていった。

被害女性の腕には、その時にできたあざが残っていた。

女性宅に押し入った2人は、運転担当の19歳の少年が乗る軽自動車で逃走した。

付近の人によると、通りには普段から配送業者などを含めた多くの車が止まっているという。

逃走に使われた軽自動車は26日夕方、神奈川県内で発見され、乗っていた少年3人の身柄が確保された。

しかし、捜査員が調べたところ、車内にあった現金はおよそ400万円で残りの200万円は見つからなかったという。

被害女性「(逮捕の一報を聞いて)まずほっとした。3人捕まったってことで、本当にまず一安心ですよね」

しかし、不安が消えたわけではない。

被害女性「わたしの部屋番号だったり、くわしい個人情報を知っていたので、何か絶対(関係者が)ほかにいると思っています」

オートロック式のマンションに宅配業者を装って侵入するという手口。

専門家は、インターホンで会社名を確認することなどが重要としたうえで、さらに慎重な対応を求めている。

日本防犯学校・梅本正行学長「伝票に、誰宛てに何がということがちゃんと書いてあって、そこに自宅の電話番号がちゃんと書いてあれば安心してもいいでしょう。(ドアの前に)荷物を置いてもらって、配達員の人が立ち去ってから受け取る」

調べに対し、いずれも容疑を認めているという3人の少年。

警視庁は残りの200万円の行方とともに、事件のくわしい経緯を調べている。

(2020/10/27)



人気セクシー女優が明かす「2億円脱税事件の顛末」と「男」
2017年10月31日 10時30分

2014年6月に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘された人気セクシー女優の里美ゆりあ(32)が自叙伝「SEX&MONEY 私はそれを我慢できない」(展望社)を出版。初体験、援助交際、アダルトデビュー、そして脱税事件の顛末などを告白し、本紙に壮絶半生を語った。「信じられるのはお金だけだった」という里美は、転落の一途をたどる元タレント・坂口杏里(26)にもアドバイスを送った――。

「死のうと思った」

里美はそう回想する。14年6月、自宅に国税局の職員がやって来た。「なんで来たかわかりますよね?」と言われたものの、何のことかサッパリだった。

2億4500万円の所得隠しと、1億7000万円の追徴課税――。事件はたちまちニュースになった。自叙伝には事件の真相が詳細につづられている。「なぜ脱税したのか?」。この疑問を解き明かす鍵は生い立ちにある。

幼いころに両親が離婚。父親だと思っていた人は、本当のパパではなかった。親の愛情を受けずに育つ一方、性に目覚めるのは早かった。

初体験は小学6年生で、相手は同級生のブラジル人。セックスへの興味から誰とでもヤルようになった。公園で野宿していたら、20歳の男性3人に声をかけられ、4Pをしたこともあった。中学時代は援助交際に明け暮れた。当時はガン黒ギャル全盛時代で、流行のアイテム欲しさに100人以上と寝まくった。危険な目に遭うこともしばしばで「ホテルで浣腸を4本入れられたり、ヤクザ2人にレイプされたこともあった」。

高校に進学したものの、1か月で退学。表参道でスカウトされ、アダルトの世界に入った。「小泉彩」の芸名でデビューしたが、鳴かず飛ばず。その後、「里美ゆりあ」の名前で再デビューし、現在に至る。

「当時は誰ひとりとして人を信用していなかった。信じられるのはお金だけ。セクシー—女優の仕事が軌道に乗っても、住まいは川崎の築30年のボロアパート。将来が不安で、老後のことを考え『とりあえず3億円ためよう』と決めたので、ぜいたくはしてこなかった」

実際、3億円ためた。しかし、その直後に国税から所得隠しを指摘され、巨額の追徴課税を言い渡された。

「必死にためた3億円が一瞬でなくなると思ったら、パニックになった。(課税後)口座に5000万円残らなかったら、本気で死のうと決めていた」

失敗の原因は「無知」。何が所得で、どう申告するかもわからない。個人事業主だが、確定申告はやったこともない。稼いだお金はすべて銀行口座に入れてため、国税職員にとってはいいカモだ。「狙われていたと思う。脱税する気なんてなくて、早く教えてくれれば払っていた。国税はある程度の金額になるのを見計らっていたと思う」と振り返る。

ただ、事件を機に里美は変わった。1億7000万円の追徴金はすでに支払い済み。現在は税理士を雇い、生活面も「エルメスのバーキンを買ったり、お金を使うようになった。1人で生きていくという考えから、結婚して子供を産みたいと思うようになった」という。

そんな里美が気になるのは坂口だ。母で女優の坂口良子さん(13年死去、享年57)から相続した数千万円をホスト遊びで溶かし、アダルトデビュー。4月には知人のホストから3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕されるなど、波瀾万丈な人生を送っている。里美は「やっぱり2世タレントというのが大きいと思う。親のスネはかじれるし、自分ひとりでどうにかしなくてもいい。それが突然、母親がいなくなって、どうしていいかわからなくなったんだと思う。彼女は私と似ている部分がある。いまはもがいている最中。這い上がってほしい。そして人間らしく生きてほしい」と話す。

覚醒剤取締法違反で服役経験のある小向美奈子(32)とも親交があるそうで「彼女は彼女で自分の店をオープンして楽しくやっている。こないだ店に行ったら、恰幅が良くなっていてビックリした。謎の男性を殴っている最中だったので、話しかけるのはやめといた(笑い)」という。

金への執着を捨てた里美。第2の人生は始まったばかりだ。

2020.10.29 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12785-1ba09448