FC2ブログ
《野生のタヌキ 鳴く》という題名でアップされていた動画。



相模川河川敷に、夜行性だと思っていたタヌキが
昼間いることに驚きました。
しきりに昆虫を見つけては食べていました。
子犬のような鳴き声でしきりに鳴きます。
このたぬきはノミ、シラミあるいは疥癬なのか
とても痒そうにしています。
そして、なぜか暖かい日なのに震えていました。

と説明がついていた。

疥癬にかかると、毛が抜けてしまうが、このタヌキはそうなっていない。しかし、以下の理由で疥癬にかかっている可能性が高い。
まず、説明にもあるように、「とても痒そうにして」いたとある。疥癬は強い痒みに襲われる。そして、「なぜか暖かい日なのに震えて」いたとある。これは、疥癬から膿皮症となり、さらに敗血症になると、震えるようになる。さらに、タヌキの目が細くなっている。これも疥癬の症状の一つで目から水分が失われて細くなってしまったのだ。以下の動画は、荒川河川敷で2019年12月に撮影された疥癬タヌキだが、全身の毛が抜け、目が細くなり、震えている。


また、タヌキの周りをハエが飛び、それをタヌキが嫌がっている。これも疥癬の兆候である。以下の動画のタヌキは、2019年11月に荒川河川敷で撮影されたタヌキだが、ハエを追って8の字に回ってしまう。


この動画を載せた記事に「たぬにとっては災難だけど、見てて楽しい」などと書いたが、のちに後悔することになる。

2020.12.08 | └ たぬたぬ(タヌキ) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12949-66af6ba4