FC2ブログ
乃木坂46 4期生ライブのトークを聴くと、アホやねんとレイちゃんがまとめ役として活躍してたことがわかった。w

矢久保ちゃんのトーク:


矢久保「レイちゃんと聖来がホントに引っ張っててくれて…」

褒められて泣いてしまうレイちゃんw
「4番目の光」を歌いながら泣いてしまったアホやねんw


「4番目の光」は、最初は4期生11人の曲としてつくられたが、新4期生が加わって16人になると、最初から16人の曲のように思え、感動して泣いてしまったとのこと。


林「聖来ちゃんは、とくにその新4期生に対してけっこうその気にかけてくれてたりとか、いろいろ話してくれたりとかして、なんかそれをきっかけに聖来ちゃんと同じ4期生みんなとの距離も縮まったし、なんかこうやっとホントに一つに合流できたなっていう感じがホントにして…」

林「聖来ちゃんもなんかすごく“がんばって!”って言ってくれるから、それが励みになったと思います」



テレビやネットで見る彼女は、ヘラヘラふにゃふにゃしてるが、どうもホントはそうではない。

…と最初に気づいたのは、舞台「スマホを落としただけなのに」に出演したときのインタビュー記事だ。

思った以上にデキる子

あと、かっきーのお言葉w

アホやねんはアホやないねん

下の記事の最後の方に『ガラスの仮面』が出てくるが、平田オリザが『演技と演出』(講談社現代新書、2004年)で全否定しててワラタ。『ガラスの仮面』が、スタニスラフスキーのメソード演技に基づいて描かれていたとは…w

ちなみに、この本と『演劇入門』(同、1998年)は、アホやねんがどういう人なのかを知るうえでとても役に立った。とくに第4章「俳優は考えるコマである ―戯曲・演出・俳優の関係」の1「コンテクスト」の部分(下の記事にその中心部分が書かれている)。

ブリーフどっきり


アホやねんが、中学1年生と2年生のとき、枚方こどもミュージカルのキャスト・チームのサブリーダーをやっていたことは前(↓)に書いた。

サブリーダー ←中学2年生

やっぱり才能?w ←中学1年生

ちなみに、リーダー、サブリーダーのお仕事が下の記事に書いてある。

人身御供w

まとめ役はやったことがあるんだよね。考えてみたら、レイちゃんだって生徒会長殿なんだもん。できて当然なのかもw

2020.12.09 | >>>早川聖来 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/12950-b3eff16e