FC2ブログ


12月29日(火)に放送されたテレ朝「林修の今でしょ!講座 2時間SP」の内容が、10月31日(土)に放送されたNHKスペシャル「筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔」とまったく同じでクソワラタ!

NHKの方は、時系列に筒美作品を紹介し、それに松本隆、近藤真彦(自粛前w)、ジュディ・オング、笠浩二(C-C-B)、宮本浩次などのインタビューを交えた内容だったが、テレ朝の方は爆笑問題・田中裕二が選んだベスト20を音楽プロデューサー・武部聡志が解説するって形を取っていた(でも、内容はほぼ同じw)。

ちがいもあって、NHKの方には小泉今日子「なんてったってアイドル」や岩崎宏美「ロマンス」は紹介されなかった。
また、太田裕美「木綿のハンカチーフ」は、テレ朝では、歌詞が4番まであって、こんなんじゃ作曲できないと筒美がクレームをつけようとしたが、作詞者の松本隆がつかまらず、しょうがないので作曲したら、良い作品が出来ちゃったという内容だった。

ところが、NHKだと、太田はデビュー後ヒットに恵まれず、そこで松本から作曲→作詞の順番を逆にして、作詞→作曲にしようと申し出た。これが4番までできた理由なのだが、これでは長すぎて曲ができないと、筒美はディレクターに抗議しようとしたが、ディレクターがつかまらず、仕方なく作曲したら良い作品ができたということだった。

当事者(松本)が証言してるから、たぶんNHKの方が正しいのだろう。w

C-C-B「Romanticが止まらない」は、テレ朝では、ドラマーである笠浩二がメインヴォーカルを務めた珍しい作品だと紹介されていた。

NHKの方はもっと詳しく、当時C-C-Bが解散寸前まで追い込まれていたこと、笠のメインヴォーカルに他のメンバーが納得せず、「針の筵」状態だったことなども紹介された。笠のメインヴォーカルについては、彼のハイトーンボイスを気に入った筒美の申し出だった。プレッシャーのためか、笠は、いつもサビの同じ箇所でメロディーを変えて歌ってしまう。しかし筒美は咎めることなく「それで良い」と笠に声を掛け、そのメロディーに変更した。

ヴォーカルに合わせてメロディを変えることを、テレ朝は、岩崎宏美の「ロマンス」で紹介していた。

しかし、NHKもイジワルだなと思ったのは、今日(12/31)に再放送したんだよねw

2020.12.31 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今度は太田裕美のライヴ映像だけを集めたものです。

特に「ドール」は私のカラオケの十八番。

「さらばシベリア鉄道」は大瀧さんと太田さんでは相当節回しが違いますが、私が歌う時は大瀧さんの方です。

https://kasega.way-nifty.com/nikki/2021/04/post-9fca1d.html

2021.04.19 20:01 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

すべて松本隆作詞w

そして、やっぱりあった拓郎のデモテープ
  ↓  ↓
https://youtu.be/_TNsJ5mCJtE

2021.04.20 00:44 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/13036-0bb31cda