FC2ブログ
本日(3/24)、第3回フェローズフィルム フェスティバル学生部門(FFF-S)が開かれた。



アホやねんのお友だちの土居佑香さんの作品「おままごと」は、ノミネート作品には選ばれなかったが、特別招待5作品に選ばれた(↓)。

夫と赤ん坊は死んでいるのに、妻には生きているように見えるのか(ホラー)? 妻は狂っていて夫と赤ん坊がいると信じているのか(サイコホラー)?

実在しない夫が鏡に映るシーンがある。これは、幽霊が乗用車に乗る怪談などで多用される手法だ。車に乗せた人物が、ルームミラーに映っているが、振り向くといない。逆に、振り向くといるのに、ルームミラーに映らない。これらは、運転者に幽霊に間違いないと確信させる重要な要素になっている。

ところが、よく見ると、夫は、鏡だけでなく、テレビ画面にも映っている。これが夫の実在感を増させてしまい、ホラーとしても、サイコホラーとしても、マイナスになっているような気がする。

実写映像は、アニメやCGと違って、撮影者の意図に反して写ってしまう情報が多い。以前、アイドル?の瞳に映り込んだ画像からその場所を特定したストーカーがいたが、実写映像だからそれができるのだ。

アホやねんがオールナイトニッポンでイースターエッグの話をする前から、どいさんの作品を見て彼女たちの高校がガチのミッション系だとわかっていた。

2021.03.24 | >>>早川聖来 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/13323-f8b365c4