FC2ブログ



神様が持ってるペンを奪えたなら
物語はまだ変えられるの?
のしかかる不安も 抱えた絶望も
黒く塗り潰し 書き直そう





はじまりのピリオド / Thinking Dogs


遠藤さくら(乃木坂46)@ボーダレス
この世界は残酷だ。
生きる意味なんて、神様は教えてくれない。

貪るように物語を読んだ。
与えられた役目を全うしている物語の住人たち。
筋書きだけをなぞる人生さえ、私は羨ましく思た。
自分の居場所を探すかのように、私は・・・

宇宙に散らばる星たちのように、無数にある物語。
そのどれにも入り込む隙はなく、ただ

深く深く落ちていく。

辿り着く先  は結局、いつもの冷たい現実。

この世界は残酷だ。
進むべき道なんて、神様は教えてくれない。

現実を歩む足は、傷つき痛みを伴った。
それでも私の物語はそこにあると、歩き続ける。

希望と不安が方向感覚を狂わせ、
理想と現実は互いにぶつかり合う。

理想の世界。
私が望んだのは暗く孤独な世界?
恐怖と不安だけが、ただ
深く深く根付いていく。

何度も何度も弱い自分を押し殺した。
いつか理想の自分に出会うために、
何度も自分を殺した。

生きる意味も進むべき道も神様は教えてくれない。
私は、深く
深く深く落ちていく。

希望と不安が方向感覚を狂わせ、
理想と現実はいつしか互いに混ざり合う。



ドラマ「ボーダレス」の出演者のなかで、松宮結樹(遠藤さくら)がこの歌には誰よりも似合う気がする。

2021.04.03 | >You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/13353-21efb0e2