FC2ブログ

清原果耶ちゃんは大好きだが、この記事は???というところがあるw

清原の演技のどこが優れているのかというと、よく言われるのは「自分がその場でどんな演技をすれば良いのかを瞬時に読み取る」ということ。それによって作品や場面ごとに目つきや醸し出す雰囲気まで変わってしまう。

瞬時に読み取っているわけではなさそうだ。

「どんな役でもどんなシーンでも、すべてじっくり深く考えます。いろんな場面を想定して、しっかり考えておくようにしています。わたしは基本的に考えることが好きなので、この作業は全然苦ではありません」(「婦人公論」2021年2月9日号)

脚本を読み込んで、自分のコンテクストを役のコンテクストにどう摺り寄せればいいのかじっくり考えると言ってるじゃないですか?

ちなみに、考えることが好きな人はココにも…w

考えることがすごく好き

表現力も高い。キャリアの浅い役者の場合、「喜ぶ」「悲しむ」「嘆く」「怒る」といった基本的な感情表現をリアルにこなすだけでも一苦労だが、清原は「表面上は笑顔だが、本当は嫌がっている」「懸命に怒りを堪えている」といった複雑な感情表現も易々とやってのける。

これ、ドラマ「ボーダレス」の撮影で総合演出の金井紘さんにアホやねんが求められてたヤツですね。人間の感情は100%じゃない!ってヤツw

人間の感情は100%じゃない

ホントにキャリアの浅い役者の場合、基本的な感情表現以前の問題として、ゲラを止めることだなw

彼女が演じた役だと、「あさが来た」の“ふゆ”や「なつぞら」の“千遥”よりも、「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」でのサイコパス中学生・小椋明音が良かった。オマエが連続殺人犯だったのか!って感じでw

朝ドラかよ!w

演技がうまいと評される人の共通点が…wwwww

2021.05.03 | 気になる女の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/13439-0faf78d3