FC2ブログ
池江璃花子選手を盾にして「選手を攻撃するのはけしからん!」と言う丸川珠代五輪担当大臣。

 丸川珠代五輪相(50)が11日、閣議後の定例会見を行った。

 国内外で東京五輪開催への批判が高まり、中止論も強まる中、五輪開催の意義について問われ「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある。国籍、人種を問わず、同じフィールドの上で、同じルールで競技を行い、特別な努力をしたそれぞれのアスリートが真剣勝負を繰り広げ、その後に努力を称え合う姿は、必ず人々にお互いを許し合い、喜びを分かち合う思いを取り戻してくれる。この東京大会は世界中の人々が新たな光を見出すきっかけになる」と、強調した。

 白血病を克服し、五輪代表に内定した競泳の池江璃花子に、SNSで辞退を求めるメッセージが届いたことなどについては「非常に残念。木村花さんのことを例に出すまでもなく、匿名で個人への言葉の暴力はいかなる理由でも許されない」と、憤った。

2021.05.11
丸川五輪相、五輪開催の意義は「絆を取り戻す」 池江への辞退メッセージ「許されない」

自動車事故が頻発し、社長が「ウチの車は安全・安心」と言い続けたら、クレームが末端の販売店に殺到する。それに対して社長が「ウチの社員を傷つけるようなことがあってたいへん残念です!」っていうのとよく似てるw


《電通・自民党・IOCが引き起こした池江選手への暴力。丸川五輪相、五輪開催の意義は「絆を取り戻す」池江への辞退メッセージ「許されない」?》




《池江璃花子選手への匿名の誹謗中傷を産んだのは丸川珠代五輪大臣を含め自民党の責任。匿名の暴力を産んだ権力構造を直さず選手の味方をするのはおかしい》

2021.05.13 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/13473-782274b2