FC2ブログ
加藤登紀子タソのところに送られてきた殺人予告。なんと、犯人はファンだった。

「殺人申しあげます」歌手襲ったストーカー恐怖

コレ、怖いですよね。w

Ayuさんはだいじょうぶなんでしょうかねぇ。「恋人」と別れた直後だから、勘ちがいヤローが、マジで勘ちがいして、やってきたりしないでしょうね。w

Ayuさんの歌詞は勘ちがいヤローの妄想を爆発的に増大させる可能性を秘めているので、ちょっと心配です。www

いやぁ、いるんですよ、“Endless sorrow”は自分が送ったファンレターがもとだ!って公言してるアフォが…。

コワいですねぇ。キモイですねぇ。えっ、オマエも…。そんな…。(爆)


オイラが大学・大学院時代とお世話になったS教授も、ストーカーの方につけ狙われていたことがありました。当時は「ストーカー」って言葉すらなかったけど…。

S教授(当時は助教授)は、小柄だけど、けっこう(゚∀゚)イイ!男。しかも、若いころに、NHK教育テレビに出ていたこともあり、ディープなファンがいたみたいです。

そのS教授がひさびさに本を出しまして、その件で週刊誌に取り上げられたことがあって、それがきっかけでストーカーなお手紙が来たのです。

ストーカーなお手紙には、プレゼントがついており、上等な石鹸と靴下でした。しかも、手紙には、ストーカーな方の真っ赤なリップマークと、なぜか「夜道にはお気をつけあそばせ」という脅迫めいた言葉が…。

ヒィィィィ… こっ、コワいです。ハイ!

リアル世界にまで現れ、恐ろしい体験をすることはなかったそうですが、そのプレゼントの処分に困り、オイラがもらうことになりました。(爆)

2007.07.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

 精神科医の中井久夫先生曰く、恋愛においては相手の「一憫一笑」に振り回される、と。

 要するに、相手が微笑めば「自分への好意」、相手が自分からの視線を避けたと思えば「嫌われた」というふうに、曖昧な刺激を両極端に判断する方向に変に感受性が高まる。これを「微分回路的認知」と呼ぶわけで。

 まあ、こういう「思い込み」の因子を全部排除したら、恋愛は成立しないとも言えるのですが(^^;)

 ayuさんの歌詞の曖昧な思わせぶりは、他の人の歌詞とは全く異次元のものなので。

 それこそ、

「♪あなたがそこにいるてくれるから、いつまでも、その日まで♪」

といわれると、「ayuさんは最後には俺のところに来てくれるんだ!!」と思い込む全国のayuファンは1000名ほどいるかもしれないし。「距愛」の対象は実は私なのではないかと思い込むファンも同じくらいいるかもしれない(^^;)

もとよりそれを現実世界での行動に移すところまで踏み込むかどうかは別でしょうが。

 早い話、そうした観点から、身辺警護やら送られてきた手紙やプレゼントの開封やらに、avexは常駐チームを組んでいることは間違いないでしょう。

 そういう意味で、ひとりでSPの囲みを破って逃げ出す、だとか、「結局、籠の鳥(オリの中)」というモチーフをPVで繰り返すのはayuのホンネでもあるんでしょう。

 しかし、そうだから「こそ」、「ayuさんを籠の鳥から開放するのは私なのだ」という思い込みも喚起しやすい(^^;;;;)

 実際に一般の人がayuと結婚したりしたら、その人のほうがストーカーにつけまわされ、SPを抱え、「籠の鳥」の中に入らざるを得なくなるであろう.....

2007.07.21 18:14 URL | こういちろう #BXy/Vbyc [ 編集 ]

>実際に一般の人がayuと結婚したりしたら、その人のほう
>がストーカーにつけまわされ、SPを抱え、「籠の鳥」の
>中に入らざるを得なくなるであろう.....
ファンが結婚したら、妄想系のファンからマサ(松浦社長)以上に悪く言われるでしょうね。長瀬くんは芸能人(=特別な人)だからガマンしてきたが、ファンだったら自分と同じ、ひょっとしたら、自分が結婚できたのでは…、という思いが猛烈な嫉妬心になるでしょう。w

2007.07.21 23:29 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1395-3bd05444