fc2ブログ

ぜんぜん関係ないけど、ここのところずっと米山隆一氏と朴勝俊氏が論争をしていた。それを見てきた感想だけど、米山氏はマクロ経済学を理解していないようだ。

いま起きているインフレは、「スタグフレーション」で、これについてはこれまで何度も説明してきた。



インフレの起こる原因は2つある。1つ目は需要が増えて(D0=S0→D1=S1)起こるインフレ。これは良いインフレ。2つ目は供給が減って(D0=S0→D2=S2)起こるインフレ。これは、悪いインフレで、「スタグフレーション」という。同じく物価が上昇する(P→P')が、経済状態はまるでちがう。経済状態が、前の方は良くなり、後の方は悪くなる。

良い・悪いインフレ・デフレ

いま金融緩和をやめたら、財やサービスの供給力がもっと落ちて、ますます酷いインフレになると思う。

ちなみに、これをポストした人物も、経済に暗く、アベノミクスが日本経済をダメにしたとホンキで信じているw

この人物が経済を理解していない証拠が以下のポストだ。


1997年のアジア通貨危機では、何兆円もの資金を動かしている外国資本が格付けの下がったウォンを一度に売ったため、ウォンが暴落したのだが、新NISAは、そこそこの資金を持った個人が外国株を買うために円を売っているだけなので(一人あたり、年間240万円まで、非課税保有限度額1800万円まで)、円が暴落するわけがない。

2024.02.22 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/17073-8cfd0a9c