fc2ブログ
今朝(2/23)、「羽鳥慎一モーニングショー」で「枕が高いと脳卒中になりやすい?殿様枕症候群とは」をやっていた。


ここで解説していた山田朱織氏によると、正しい枕は

  ・ 体にあった高さ
  ・ 高さを維持する固さ
  ・ 寝返りをうつため平らであること

が大切なんだそうだ。

ちょっと待て! 10年前は、真ん中が低く、両サイドが高い方が良いといわれていて、そのためにわざわざニトリの「調整自在まくら」を買ったのだが…

調整自在まくら

ただ、この枕は、高さを調節でき、ほどよいかたさのパイプが入っているので、「体にあった高さ」も「高さを維持する固さ」も「寝返りをうつため平らであること」も実現可能だ。

そこで、両サイドからパイプを抜き、真ん中の頭頂側と首側にパイプを入れ、平らに改造した。

ところで、「体にあった高さ」は「山田朱織枕研究所」の「枕外来で指導する玄関マット枕の作り方【2022年版】」を参考にした。



この動画は、玄関マットとタオルケットとバスタオルで枕をつくる動画だが、「体にあった高さ」を知るのに都合が良い。

「枕が高いと脳卒中になりやすい」というニュースを知ってから、ひょっとして枕の真ん中が低すぎるのでは?と思って、真ん中にパイプを入れてちょっと高くして寝たら、睡眠時間が劇的に伸びた。それまで5時間半で目が醒めていたのが、7時間くらい寝られたのだ。その代わり、変な夢(デカイ教室で数学の問題を大勢で解く夢w)をかなり長い時間見ていたのだが…

2024.02.23 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/17074-9db10895