FC2ブログ
内田せんせのこの記事にはぶっ飛んだ。w

「ねんきん特別便」というのがいまごろ届いた。

開封してみたら私の年金加入記録が残っているのは1990年からの私学共済だけで、それ以前の年金はすべてが「記録もれ」になっていた。

すごい。

私は1977年からは(株)アーバン・トランスレーションの社員であり、そのときもきちんと年金は支払っていたはずであるが、その記録がない。それどころか、1982年から90年までは東京都の公務員だったのであるが、その年金記録も記載されていない。社保庁の仕事がずいぶんデタラメだということは報道で聞き知ってはいたが、まさか公務員の年金記録もなくなっているとは知らなかった。

このままだと私は年金受給年齢になったときに「加入年数が25年に満たないので年金は上げられません」ということになったわけである。

とりあえず「訂正してね」という返事を書いて送る。けれども、1977年のアーバン・トランスレーションの住所なんか、遠い記憶の彼方である。「渋谷区道玄坂」とだけしか覚えていない。はたして、このような頼りない記憶で記録との照合が可能なのであろうか。

なんだか無理そうな気がする。

ようやく春休みになった

これじゃ、オイラのところにも来るかもしれないなぁ。


ちなみに、それに続く環境問題もまったく同感である。なんで温暖化ばかり取り上げられるのか、オイラにはまったく理解しがたい。

ホントは無害だから…。

…なんでしょうね。(爆)

2008.03.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1724-0a0ffc40