FC2ブログ
「群発自殺」ではありません。でも、似たようなもの…。

この事件なんだけど…

 25日午後11時7分ごろ、岡山市のJR岡山駅下りホームで、電車を待っていた岡山県倉敷市笹沖の同県職員、假谷(かりや)国明さん(38)が後ろから男に突き飛ばされ、入ってきたJR山陽線の瀬戸発福山行き普通電車(4両編成)にはねられた。假谷さんは病院に運ばれたが、出血性ショックで約5時間後に死亡した。電車の警笛を聞いて駆けつけた岡山県警鉄道警察隊員が、現場にいた大阪府大東市の少年(18)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕、同県警は容疑を殺人に切り替えて調べている。

線路に突き飛ばされ男性死亡 容疑で18歳逮捕 岡山駅

こっちの事件

 4日前に起きた殺人事件で指名手配されていた男が、休日の昼間、自らを追う捜査員たちが集まる駅に現れ、警戒の目をくぐり抜けて無差別に8人に切りつけた。茨城県土浦市で23日に起きた連続殺傷事件。前日に電話で県警を挑発した金川真大容疑者(24)は犯行後に交番に出向き、自ら通報までしていた。大胆な2度目の凶行を、未然に防ぐことはできなかったのか。

警官目前、白昼の凶行 5分足らず、8人次々 茨城

…に触発されたんじゃないのかな?

自殺の場合、マスコミの自殺報道に触発されて自殺する場合があり、「群発自殺」とか「ウェルテル効果」と言われているけれど、この事件は「群発殺人」なんじゃないのかな?

土浦市の事件が起きたとき、ワイドショーをはじめ(例によって)ものすごい報道の嵐だったわけで、それに触発されたんじゃないのかな。岡山の事件の犯人が18歳という、こーいった影響を受けやすい年齢だということと、刃物を持ち歩いていたことからも推測できる。

この事件よりも前に、自転車に乗った男に背中を刺された女性がいたし、これらは(未遂も含めて)「群発殺人」と考えたほうがよくないかな。

そーなると、マスコミの報道の仕方にも問題がある。なんか興味本位に取り上げすぎ。センセーショナルに扱うのではなく、事実のみを伝え、犯行の方法まで詳細に報道しないほうが(゚∀゚)イイ!んじゃないか。

なんて言ってたら、「朝ズバッ!」がやってくれました。

“朝ズバッ!”が自殺マニュアル暴露

ネットを見れば自殺の方法がわかりますよって内容の報道です。


リンクがキレてたら…
線路に突き飛ばされ男性死亡 容疑で18歳逮捕 岡山駅

2008年03月26日

 25日午後11時7分ごろ、岡山市のJR岡山駅下りホームで、電車を待っていた岡山県倉敷市笹沖の同県職員、假谷(かりや)国明さん(38)が後ろから男に突き飛ばされ、入ってきたJR山陽線の瀬戸発福山行き普通電車(4両編成)にはねられた。假谷さんは病院に運ばれたが、出血性ショックで約5時間後に死亡した。電車の警笛を聞いて駆けつけた岡山県警鉄道警察隊員が、現場にいた大阪府大東市の少年(18)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕、同県警は容疑を殺人に切り替えて調べている。

 少年は、「誰か人を刺してやろう」と思って駅周辺をうろついたが、決心がつかずに駅構内に戻って犯行に及んだと話しているという。少年が持っていた黒いショルダーバッグには、自宅から持ち出した果物ナイフ(刃渡り約12センチ)が入っていた。

 調べでは、少年は25日午前8時半ごろに自宅を出て、私鉄で兵庫県姫路市に着き、午後7時ごろJRの在来線で岡山駅に到着した。電車を待つ行列の先頭に立っていた假谷さんに左後ろから近づき、背中を押して線路に突き落としたとみられる。調べに対し、「人を殺せば刑務所に行ける。誰でも良かった」と話しているという。假谷さんと面識はなかったとみられる。

 少年は大阪府立高校を卒業したばかりで就職活動中だった。両親らと4人暮らしで、25日夜に帰宅した親が、少年が不在だったため、大阪府警四條畷署に家出人として捜索願を出していた。逮捕された時、少年は約3500円の現金と岡山駅から140円区間分の切符を持っていたという。

 假谷さんは岡山県道路建設課に所属し、帰宅途中だったとみられる。假谷さんは1両目と2両目の連結部分の下に横向きに倒れていた。救出当時は照らされたライトに反応するなど意識があり、「腰が痛い」などと消防署員に話していた。自分が突き落とされたことには気付いていない様子だったという。

 JR西日本岡山支社によると、普通電車の運転士は約50メートル手前でホームから落下する人影を発見し、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。神戸方面での列車が遅れたことを受け、臨時に運行された便だった。乗客が2人乗っていたがけがはなかった。

 発生当時、ホームには勤め帰りの客らがおり、一時騒然とした。



警官目前、白昼の凶行 5分足らず、8人次々 茨城

2008年03月24日00時04分

 4日前に起きた殺人事件で指名手配されていた男が、休日の昼間、自らを追う捜査員たちが集まる駅に現れ、警戒の目をくぐり抜けて無差別に8人に切りつけた。茨城県土浦市で23日に起きた連続殺傷事件。前日に電話で県警を挑発した金川真大容疑者(24)は犯行後に交番に出向き、自ら通報までしていた。大胆な2度目の凶行を、未然に防ぐことはできなかったのか。

 午前11時ごろ、JR荒川沖駅の2階改札口。東京都新宿区の山本美恵子さん(59)は、母が入っている老人ホームの家族会に出るため同駅で電車を降り、改札口から連絡通路を、東口のショッピングセンター・長崎屋の方に向かおうとしていた。

 「ドスン」。西口から東口方向へ走る若い男に追い越された瞬間、長い棒のようなものを左胸にぶつけられた。血が流れ出た。「追いかけて」。山本さんは叫んだ。

 その直後。知人との待ち合わせで改札口近くにいた茨城県土浦市、会社員岡田好充さん(50)は男に首を切りつけられた。追いかけようとしたが、血が流れ出したのに気づき、首を手で押さえてうずくまった。周囲を見回すと、他にも数人が同じようにうずくまっていた。

 「救急車を呼んでくれっ」。同駅の宇佐美博助役(49)は、怒鳴り声を聞いて改札口わきの事務所を飛び出した。西口から改札口前まで、男女5人が肩口や額、腕を押さえながら、ぼうぜんとひざまずいたり、座り込んだりしていた。

 若い男性の出血がひどく、手で押さえた左の首もとから血が噴き出していた。呼びかけたが、かろうじてうなずくだけだった。「目を疑いたくなった。一瞬、もしかしたらと(4日前の)事件が頭をよぎった」

 近くにいた人たちが駅員とともに、タオルで被害者の止血をしたり、「大丈夫ですか」と声をかけたりしていた。パニックになる若い女性もいた。

 男はそのまま東口の長崎屋2階の入り口近くへ向かい、さらに2人を襲った。

 連絡通路を歩いていた女性は、自分の横を走り抜ける男を見た。マスクに軍手姿。左手に刃物をもっていた。

 東口に下りた男は長崎屋1階付近で、亡くなった同県阿見町の会社員山上高広さん(27)を襲った。1人目に切りつけてから5分足らず。野菜売り場に行こうとした女性は、ジーパンに眼鏡姿の男性がうつぶせで倒れているのを見た。「腰から下は血の海のようだった」

 「犯人が中にいるかもしれません」。買い物客でにぎわう日曜の店内で、従業員が総出で避難を呼びかけた。「自分が被害に遭っていたかもしれない」。1階で食料品を買っていた女性(63)は足の震えが止まらなかった。

 男は駅北側の跨線橋(こせんきょう)を渡り、駅の西約300メートルの交番に向かった。近くの鮮魚店の女性が交番前を通りかかったとき、男は交番前に並んだバイクのタイヤをナイフで刺していた。

 11時16分。警察官が交番に到着すると、男は立ったまま両手の文化包丁とサバイバルナイフを前に投げ、おとなしく逮捕に応じたという。

■親思いで皆に好かれ 死亡した山上さん 

 逃走中の殺人容疑者により、再び命が奪われた。死亡した山上高広さんの父親(62)は「まさかこんな近くに容疑者が潜んでいたとは……」と声を落とした。

 山上さんは東京都内の大学を卒業後に地元の茨城県阿見町に戻り、キヤノンの事業所で派遣社員として働いていた。「高広は優しい性格で、親を心配してか戻ってきてくれた」と言う。

 現場から約1.5キロ離れた住宅街にある自宅で祖母、両親、兄と暮らしていた。休日は友だちに会うため、東京に行くことが多かったという。この日、両親は外出先で事件の一報を受け、すぐ病院に駆けつけたが、臨終に間に合わなかった。

 山上さんは温厚で、職場では話の聞き役にまわるタイプだったという。派遣会社の人事部長は「5年近く経験を積み、まさにこれからと期待されていた」。近所の人も「友だちを大事にする性格で、皆に好かれていたのに」と涙ぐんだ。

 この日は午前11時から、4日前に殺害された三浦芳一さん(72)の葬儀が荒川沖駅近くの寺で行われていた。式に参列後、駅に立ち寄って容疑者逮捕を知った三浦さんの知人男性(59)は「容疑者が捕まったのは葬儀の最中。亡くなったおやじさんが天国で『自首しろ』と言ったんだ」と無念そうに語った。

2008.03.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1725-94fac22a