FC2ブログ
   ♪くちなしの白い花
     おまえのような花だった

…って、オイラは渡哲也か!(爆)

ひょっとしたら、心神喪失で無罪になるかと言われていたこの事件だけど、結局、フツーに責任能力ありで有罪になった。

 東京都渋谷区の自宅マンションで06年12月、夫(当時30)を殺害し、遺体を切断して遺棄したとして殺人などの罪に問われた三橋歌織被告(33)に対し、東京地裁の河本雅也裁判長は28日、懲役15年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。裁判長は「殺害時や遺棄した時の行動は被告の意思や判断に基づいて行われていた」と認め、完全な責任能力があったと判断した。

「別人格は現れず」三橋歌織被告に懲役15年

精神鑑定では「短期精神病性障害を発症」なんて出たけど、バラバラにして捨てる=証拠隠滅しているわけだから、精神病とは思えない。

《バラバラ殺人=猟奇的》と思うかもしれないけど、女性が犯人の場合、死体運搬に困ってバラバラにすることは意外と多い。

夫のDVが原因となってるけど、ホントにDVがあったのか、ちゃんと立証できてるのかな? 医者の診断書があるとか、体に傷があったとか…。死人にクチナシで、犯人がでっちあげてるかもしれないからね。


リンクがキレてたら…
「別人格は現れず」三橋歌織被告に懲役15年

2008年04月28日13時16分

 東京都渋谷区の自宅マンションで06年12月、夫(当時30)を殺害し、遺体を切断して遺棄したとして殺人などの罪に問われた三橋歌織被告(33)に対し、東京地裁の河本雅也裁判長は28日、懲役15年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。裁判長は「殺害時や遺棄した時の行動は被告の意思や判断に基づいて行われていた」と認め、完全な責任能力があったと判断した。

 三橋被告の弁護側は判決後、被告が以前から控訴しない意向を示していたことを明らかにし、今後の対応については協議して決めるという。

 公判では、三橋被告が殺害などの事実関係について全面的に認めたが、弁護側は「被告は自分自身の意識に従って行動したり、善悪を判断したりする能力がない『心神喪失』の状態で、責任能力はなかった」として無罪を主張した。犯行当時の三橋被告に責任能力があったかが争点となった。

 河本裁判長は、完全な責任能力があったとした上で、「夫からの暴力による地獄のような夫婦生活が殺意に影響していることは否定できないが、残酷で無残な犯行だ」と非難した。

 公判では、検察側、弁護側がそれぞれ請求した鑑定医2人が精神鑑定を行い、いずれも「被告は犯行当時、短期精神病性障害で『もうろう状態』や幻覚が起きており、『心神喪失』だった可能性がある」とする結果を報告していた。

 河本裁判長は、精神鑑定結果について「信用性を疑う事情はない」とした上で、三橋被告が殺害直前に短期精神病性障害を発症し、「急激に一定の意識障害を起こし、幻聴や幻視があった」と認めた。だが「別人格が現れたことはなく、夫を殴ったときの夫の反応などを記憶している」と指摘。「暴力を続ける夫から逃れたい、この生活を終わらせたいなどと考え、とっさに殺意を抱いた」と殺害に至った経緯を挙げて、「動機は理解でき、犯行の様子にも異常さはない」と認めた。

 遺体を切断した状況についても「身元が判明しやすい頭部は離れた公園に捨てるなど、犯行の発覚を防ぐ行動をしている」と認定。「幻視などの症状があったが、責任能力に問題を生じる程度ではなかった」と結論づけた。

 責任能力をめぐっては、三橋被告の公判と同様に2件の「心神喪失」の鑑定結果がでた男性被告が二審で「心神耗弱で有罪」となった事件の上告審判決で、最高裁が25日、初判断を示していた。被告の責任能力を判断するのは裁判所だとする従来の判例を踏襲しつつ、「専門家である精神科医の意見は、公正さや前提条件に問題がない限り、十分に尊重して認定すべきだ」と述べて、審理を尽くすよう東京高裁に差し戻していた。

 河本裁判長は28日の判決で、「専門的意見を十分に尊重するが、鑑定結果は専門家としての分析結果だ」と言及。「最終的な責任能力は法的判断により決まるもので、その意味では責任能力の判断は鑑定結果に拘束されない」と述べた。

2008.04.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1760-7f3cbe8a