FC2ブログ
…っていうCMがむかしあったな。w

いまさらだけど、星野仙一さんて、短期決戦に弱いんだよね。日本シリーズの戦績が物語っている。

   【1988】西   武(4勝)─中  日(1勝) ×
   【1999】ダイエー(4勝)─中  日(1勝) ×
   【2003】ダイエー(4勝)─阪  神(3勝) ×

そもそもオリンピック代表監督に選ばれた理由がスポンサー受けが(゚∀゚)イイ!からだそうだ。

 どういう選考経過で選ばれたのか知らないが、スポンサーを満足させるというのは重要な要素らしい。しょっちゅうマスコミに登場して、彼らの宣伝の助けになる人物ということである。

   (中略)

 その意味では、現在、星野氏ほど適任の人物はいない。ほかに星野氏以上にその言動がマスコミに注目される監督候補はいるだろうかと考えてみれば、そのことはよりいっそうはっきりする。

   (中略)

 だが、ぼくがそれ以上に懸念しているのは、星野氏は前述のように監督として3度優勝しているが、日本シリーズでは一度も勝っていないことだ。

 日本シリーズは短期決戦で、だらだらとつづくペナントレースとはまったくちがった戦い方が要求される。そのため、11勝0敗の川上哲治氏、6勝2敗の森祇晶氏、4勝1敗の三原脩氏を例に出すまでもなく、強い監督と弱い監督に明暗がはっきりと分かれる。0勝3敗の星野氏は、もっとも弱い監督の1人だ。日本シリーズに3度以上出場した監督は全部で15人いるが、1度も勝っていない監督は、星野氏のほかには0勝8敗の西本幸雄氏しかいないのである。

 オリンピックは、いうまでもなく、予選も本番も短期決戦だ。短期決戦に弱い星野氏がそれをどう克服するか、それが見ものでもあり、ちょっと心配でもあるのである。

星野ジャパンへの懸念。


この記事の懸念が当たっちゃたね。ちなみに、川上さん/西本さんは、ドラフト制度のない戦力不均衡=巨人・大鵬・卵焼き=巨人V9時代の監督なので、単純に強い/弱いとは言えないのです。そうなると…。

2008.08.23 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1853-b73842d7