FC2ブログ
…という問に対する答えがこの記事にあったお。

似非科学、歴史修正主義、差別主義といったダマシの多くに共通する特徴として「間違っている論理展開」と「わら人形論法」が挙げられます。

論理展開には様々な約束事があります。ダマシはその約束事を破ることで己が望む解を導き出します。

帰納的に解を求めるには「適切な事例の選択」と「因果関係と相関関係を混同しないこと」が必要です。(中略) この約束事を破り、恣意的に事例を選択したり意図的に因果関係と相関関係を混同したりすることによりダマシは思惑にそう解を導き出すことができます。(後略)

演繹的に解を求めるためには「前提が正しいこと」と「前提の適用が正しいこと」が必要です。(中略) この約束事を破りホニャララすることによりダマシは思惑にそう解を導き出すことができます。(後略)

わら人形論法は相手の「裏の意図」や「背景」を一方的に決めつけ、その「裏の意図」や「背景」を攻撃する論法のことです。(中略) 相手の主張を論破するのではなく、勝手な解釈や勝手に作り出した相手の人物像を攻撃することで相手の主張を論破したかのような印象を作り出すわけです。(中略) この論法には重大な問題があります。それはこの論法を真に受けた人が「相手は何々だ。何々の言うことは信じない」という相手の意見を聞く耳を持たない状態になることです。

「間違っている論理展開」に騙され「わら人形論法」を真に受けてしまうことでビリーバー一丁上がりです。(後略)


論理面でのダマシの手法は基本的知識さえ持っていれば騙されようのない荒唐無稽なものです。

実際問題、ダマシに騙され、あまつさえネット上でダマシの主張を受け売りしてダマシの宣伝の二次媒体と化すには騙される方がいくつかの条件を満たしている必要があります。簡単に思いつくものを述べれば「ダマシが騙そうとしている分野にそれまで興味を持っていなかった人間」、「論理的思考を修得していない人間」、「積極的にダマシの受け売りを行なう動機を持つ人間」といったものが挙げられます。

「ダマシが騙そうとしている分野(科学、歴史、社会等)にそれまで興味を持っていなかった人間」はそれまでの無関心に因る無知ゆえに恣意的な事例の選択に対し反例を思いつくことができないでしょうし、「論理的思考を修得していない人間」は因果関係と相関関係を混同するような歪んだ手法による論理構築による錯誤に気づけないでしょうし「わら人形論法」のおかしさにも気づけないでしょう。

特に利益も無いのにダマシの信奉者となり周囲に説法を行なうような「積極的にダマシの受け売りを行なう動機を持つ人間」となるためには何らかの心理的条件、例えば虚栄心や親切心や攻撃性を満たしている必要があるでしょう。ダマシが展開する「真実」を信じた上での「真実」を知らない相手に対する優越感に基づいた虚栄心、「真実」を知らない相手に対する哀れみに基づいた親切心、信じる「真実」を否定する相手に対する攻撃性、「真実」を知らない愚かさに対する攻撃性、日頃の憂さを晴らすための攻撃性といったように。(後略)

「間違っている論理展開」と「わら人形論法」に耐性の無い人々

う~ん、なるほどね。思いあたることがいっぱいあるなぁ。(爆)

ちなみに、この記事のコメントに、オイラと同じ思いをした人のカキコと、それに対する管理人の回答が載ってるお。

peridot00 2006/10/23 12:37
私はけっこう面白く読みましたよ。
すでにダマサレ気質なもので。
藁人形論法、俗に言う坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというやつでしょうか?
こういう論法を破る方法あるんですかね。
もう何言ったって聞きゃしない
時間を置くが有効なような気もしますが、
腹たって腹たって。自己完結というより愚痴ですね。私の場合。

D_Amon 2006/10/23 14:15
peridot00さん、人の言うことを聞く耳持たなくなってしまった人のために嫌な思いをされたのでしょうか。
基本的に聞く耳を持たない人を速やかにどうこうする方法はないと思います。
しいて言えば、その人が聞く耳を持ってくれるような人を連れてくるくらいでしょうか。いればですが。
時間をかけるのも有効ですが時間だけでは駄目で、その人が認識しうる範囲で粘り強くこちらの誠意が伝わるような行動を取りつづける必要がありますし、それはそれでとても大変なことだと思います。
真剣に取り組んでいればいるほど腹が立つのは分かりますが、難しいことは難しいこととしておいといて気を楽にした方が良いのではないでしょうか。
無責任なことしか言えず、申しわけありません。

たいへん参考になりました。(爆)

2008.08.25 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1856-1cfd3650