FC2ブログ
思ったとおりの結果になったな。

 シンガー・ソングライター槙原敬之(39)が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で使用された」と槙原を非難した漫画家松本零士氏(70)に対し、名誉を傷つけられたとして2200万円の賠償などを求めた裁判の判決が26日、東京地裁で言い渡され、盗用とは認められないとして松本氏に220万円の賠償を命じた。原告席で見届けた槙原は「私の請求を認めていただいた。勝訴判決だと考えています」と話した。

槙原が「勝訴」松本氏に220万円賠償判決

しかし、勝訴した側を呼び捨てにして、損害賠償を命じられたほうに敬称とは、クレーマー零士にビビッているんでしょうかねぇ。w

この判決に真っ先に反応したのがこの人…

松本零士氏がセリフの「盗用」をめぐって起していた裁判で敗訴した。彼がpro-copyright派の愚劣さを世の中に示した功績は大きいが、この事件もいろいろなことを考えさせる。

松本氏の脳内では、すべての情報は作者が所有しているのだろうが、これは著作権という誤った制度が生み出した幻想だ。情報の複製が「盗用」なら、彼の「銀河鉄道999」は宮沢賢治の盗用だ。そもそもヴィトゲンシュタインが指摘したように、自然言語の文法も語彙も社会的に共有されているのだから、私的言語はありえない。複製や共有を盗用というなら、すべての表現は盗用なのだ。

所有という幻想

まったく信夫ちゃんの言うとおりだな。

ところで、引用した日刊スポーツの記事、「時間は夢を裏切らない。時間も夢を決して裏切ってはならない」は「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」のマチガイじゃないのかな?

クレーマー零士にビビッてるわりには、だいたんなマチガイ。クレーマー零士のターゲットにされちゃうよ。(爆)


リンクがキレてたら…
槙原が「勝訴」松本氏に220万円賠償判決

 シンガー・ソングライター槙原敬之(39)が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で使用された」と槙原を非難した漫画家松本零士氏(70)に対し、名誉を傷つけられたとして2200万円の賠償などを求めた裁判の判決が26日、東京地裁で言い渡され、盗用とは認められないとして松本氏に220万円の賠償を命じた。原告席で見届けた槙原は「私の請求を認めていただいた。勝訴判決だと考えています」と話した。

 松本氏と槙原の盗作騒動は2年の歳月を経て、司法の場で1つの結論が出された。判決は、盗用は認められないとして松本氏に対して220万円の賠償を命じ、槙原の請求が認められた結果となった。

 盗作騒動は槙原が作詞作曲した「約束の場所」(歌はケミストリー)の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」という歌詞が発端だった。松本氏は「銀河-」の「時間は夢を裏切らない。時間も夢を決して裏切ってはならない」のせりふを盗作したと、06年秋にメディアなどで主張していた。

 清水節裁判長は「槙原さんがせりふを知っていたとは認められず、歌詞が似ているからといって、せりふに依拠したとは断定できない。テレビに生出演した松本さんが『盗用』と発言した内容は、真実と認められず、名誉棄損に当たる」と判断した。槙原はこの日、原告席で判決を聞いた。裁判長の言葉はすぐに理解できなかったが、代理人からの説明で「松本氏の作品を見て『約束の場所』を制作したとは認められない」と認定されたことを理解。「判決理由の中で、私が松本さんの作品を盗んで『約束の場所』の歌詞を制作したのではないと認めていただきうれしく思っています」と話した。一方の松本氏は自宅にも不在で、控訴など今後については不明だ。

 槙原は前日、横浜で10年ぶりのクリスマスライブを行った。親子連れも目立ち「世界に一つだけの花」「北風」などを歌った。この日は裁判を終えると、仕事納めの所属事務所に戻り「非常に明るい1日でした」と話していた。

2008.12.27 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1990-8b9a4111