FC2ブログ
このニュースには正直驚いた。

 和歌山県すさみ町の世界遺産に登録されている熊野古道「長井坂」付近で、JR西日本のグループ会社が、機材などを運ぶ小型モノレール「モノラック」を敷設し、その際に古道沿いにある石垣を4.5メートルにわたって壊し、立ち木8本を伐採した。熊野古道は、現状を変更する場合、国や町の許可が必要だが、無届けだった。JR西日本和歌山支社の辻子義則支社長が9日、同町を訪れ謝罪した。

世界遺産・熊野古道の猪垣破壊 JR西、無届け工事で

JR西日本が、無届けで工事を行い、さらに世界遺産を破壊したというトンデモない話だ。

しかし、オイラが注目したのは、むしろこっち。



モノラックっていうんだってね。この小型モノレール。オイラが、2001年に鷹ノ巣山から石尾根を下ったとき、目撃したモノレールと同じものだった。

2001年7月26日(木) 鷹ノ巣山・石尾根

BS朝日の番組を見ていたら、モノラックが出てきて、山間部の老人の足になっている、という内容だった。

ちなみに、そのとき、キャスターが「これですよね。熊野古道、壊しちゃったの」って言ってたな。(爆)


リンクがキレれてたら…
世界遺産・熊野古道の猪垣破壊 JR西、無届け工事で

2009年2月9日

 和歌山県すさみ町の世界遺産に登録されている熊野古道「長井坂」付近で、JR西日本のグループ会社が、機材などを運ぶ小型モノレール「モノラック」を敷設し、その際に古道沿いにある石垣を4.5メートルにわたって壊し、立ち木8本を伐採した。熊野古道は、現状を変更する場合、国や町の許可が必要だが、無届けだった。JR西日本和歌山支社の辻子義則支社長が9日、同町を訪れ謝罪した。

 同町などによると、この石垣はイノシシや鹿などの侵入を防ぐ「猪垣(ししがき)」(高さ約0.5メートル、幅0.8~1メートル、長さ約100メートル)で、江戸時代以前に造られたとされる。

 地元住民から「熊野古道にレールが敷設されている」などという内容の連絡が6日に同町にあり、町職員が確認したところ、古道を横切るようにレールが敷かれているのを見つけたという。猪垣も一部で壊されていた。

 同支社は、JR紀勢線の防護ネットを設置する工事で、その資材運搬のためにモノラックを敷設したと説明している。5日に工事を始め、レール計110メートルのうち、6日までに72メートルを設置したという。同支社は「事前にインターネットなどで調べたが、世界遺産のエリアに該当するとは思わなかった」としている。

 辻子支社長は「世界遺産という重要な財産を壊して申し訳ない」と謝罪。橋本明彦町長は「非常に遺憾。可能な限り原状回復に協力してほしい」と話した。

 長井坂付近では08年秋、国土交通省紀南河川国道事務所の測量事業で、熊野古道のバッファーゾーン(緩衝地帯)の木が無許可で伐採されたことが発覚し、問題になっている。

2009.02.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

終電後にトロッコで運べばいいのにな~ぉ。

株が少々下がってら、買い増しするかな~お。

2009.02.10 20:23 URL | ねまきねこ #3/2tU3w2 [ 編集 ]

>株が少々下がってら、買い増しするかな~お。

株やってたんだな~お。w

2009.02.11 10:11 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2035-c01ae6b7