FC2ブログ
オイラが以前からオカシイと思っていたことなんだけど…

たとえば、Aさんという人の主張を知って、それに同感したり、反感を抱いたりしたとき、Aさんについてより知識を深めるために、Aさんの著作があったのなら、なんでそれを読まないのだろうか?

…ということ。

そうすれば、Aさんの主張が正しいのか、誤っているのか、最初の段階(つまり主張を知った段階)よりもより正しい判断ができるはずなのに、だ。


オイラは最近、権丈善一教授の本を読んでいる。それは「報道2001」で彼が、現行の年金制度は崩壊しない、と主張していることを知り、その真偽を知りたいと思ったからだ。

現行の年金制度が崩壊しているのに、「そうではない!」と主張するのは、「トンデモ」であり、批判されて当然だ。だが、「そうではない!」とする確かな証拠を本人が示しているのなら、それを非難することのほうが「トンデモ」である。

それを知るためには、彼が、どのような主張を、どのような論理で、展開しているのかを知らねばならず、そのためには彼の著書を読む必要がある。

それをしないで批判(正しくは非難)するのはオカシナ行為である。


池田トンデモ信夫氏の主張は、彼の著作に非常に初歩的な過ち(その中には高校生レベルのマチガイすらある)が見られたり、彼が批判する人物の主張が彼よりマトモだったりすることで、判断できる。

もちろん、池田氏の主張が正しいこともある。…が、それはマンキューのコピペだったりするわけだ。w

それに本を読んでいくと、たとえば、クルーグマンが著書のなかで述べていたことと、ぜんぜん関係ない文脈で権丈教授が述べていたことが、まったく同じ(つまり経済学界の常識)で、池田氏はケインジアンを「地底人」、マルクス主義者を「最低人」と罵っているけれど、じつは池田氏のほうこそ「地底人」「最低人」だったのだ、ということを知ることができたりするのだ。


烏賀陽弘道氏が『Jポップの心象風景』(文春新書、2005年)のなかで「『文明』と闘うサイボーグ女戦士―浜崎あゆみ」を書いたのは、おそらく2003年であろう(引用されている本やデータが2003年までしかない)。

とすれば、である。『浜崎共和国』や『ROOKI'ON JAPAN』を読むことはできたし、“A Song for ××”から“RAINBOW”までのオリジナル・アルバムはすべて聴くことができたはずである。ところが、彼の文章からはこれらの文献や音楽を聴いた形跡が見られない(オイラは“A BEST”くらいしか聴いてないんじゃないかと疑っている)。

これは、学部と大学院で歴史研究をしてきたオイラからすると、恐るべきことである。なぜ、知らない人のことを書けるのか…。

ちなみに、「浜崎あゆみのネット上の仮想世界 ― どのようにブログを利用して販売促進と個人のイメージを強化したのか」の著者も、彼女が過去にテレビで左耳の聴力をほとんど失っていることを告白している事実を知らなかった。

こーゆー世間をなめた連中の駄文を読むたびに勉強しろよ!と叫びたくなる。


まあ、オイラは、幽霊を怖がるよりも、幽霊の正体を知りたい衝動のほうが勝っているので、こんなことを書くのかもしれないなぁ。(爆)

2009.06.16 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

はじめまして。

結局、評論家や学者といった連中は、メシを食っていくために適当な事を言ったり書いたりしてるだけで、真面目に論評する気は無いということでしょう。

名前が売れれば売れるほど儲かる、だから名を売るために目立つことを言う。それだけのことだと思います。

2009.06.16 23:01 URL | 牡丹鍋 #qbk0ineE [ 編集 ]

えと、いい加減な人はいい加減で、マジメな人はマジメに書いているということです。

ただし、最近の大学は、きちんとした研究をした人よりも、テレビなどで目立った人を採用する傾向にあります。困ったものです。

2009.06.17 00:33 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

 お久です(^^)

 今度宮崎哲弥氏が故郷の久留米で講演するので、整理券手に入れました。聴きに行って来ます。私は職業柄、その人の「ライブでの話しぶり」ってのを一番信用するところがある。

 そういえば、あの鳩山さんが、今は我が福岡6区選出の議員なんだということを、つい先日、総務大臣を辞めた翌日のテレビニュースで知るまで気が付かなかった(^^;) 考えてみれば、今も麻生さんと一緒に写真に写った「時局講演会」のポスターの残骸があちこちに張ってある・・・・(中止になったのでは?) ブリジストンの石橋正二郎の孫だったんだ、このへんは無知だった!!


 それはそうと、そのことにほんとうに関心を持ち、ましてや論文や著書を出そうというのなら、外国語の原文まで行かなくても許すから、原典にあたれ!! というのは自明のことだとつくづく思う。

 もしそれがアーティストであればますは作品を実体験すること。映画ならは実際に観て、自分がそれをどう感じるか、自分の感性のすべてを賭けて「対決」すること。他の人がそれをどう評論するかなんて補足情報のはずだし、ご本人の発言ですら、作品を味わう上での手引きみたいにありがたがりすぎるのはどうかと思う。そういう、単に情報を集めたばかりのようなオタクっぽいだけの作品評論は私は嫌いである(伝記を書こうとか、本気でそのアーティストのマーケティング論を書くつもりなら、もちろん作品体験だけだけでは「十分条件」ではない。しかし、「必要条件」ではあるはずだ)

 ayuの例の渋谷の事件についてですら、ayuがアジアツアーやパリでどうふるまったかということについては全然言及しないままの記事が大半だったのではないか。そうした情報にayu番のマスコミ担当者なら容易に気がつけ、ネットにも満ち溢れていたのに、そっちは無視なのね(これは、「意図的に無視」した疑いが濃い)。

 それを「日本でも」やろうとした時、警察への了解を含めて、想定外の因子が何か働いた、その違いは何だったのか?・・・・というところに踏み込まないまま、郷ひろみにインタビューしても、何とも浅薄なだけなのである。

 人が本気で自分の守備範囲とできる領域はおのずから限られているとは思う。しかし、よくもまあ、手軽に得られる間接情報だけをあさってまわってるだけで満足していられるものだ・・・・と思うことは少なくないです。

 以上、先日、比較的気軽に書いた某記事で「スマッシュ・ヒット」を飛ばしてしまい、「結局ネットの世界ってこの程度なのかしら?」という虚無に襲われているこういちろうより。

 膨大な予備調査と準備と労力を費やし、生根込めて送り出した「売りたい」作品が「売れる」とは限らない(爆)

2009.06.25 20:13 URL | こういちろう #BXy/Vbyc [ 編集 ]

> 以上、先日、比較的気軽に書いた某記事で「スマッシュ・ヒット」を
>飛ばしてしまい、「結局ネットの世界ってこの程度なのかしら?」
>という虚無に襲われているこういちろうより。

あっ、これ、言えますね。

なんでこんな記事に異常にアクセスがあるんだろうってこと、たしかにあります。(爆)

2009.06.25 20:51 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2194-4fa4eeaa