FC2ブログ
きっこ姉さんのブログにこんな記事が…

朝の9時から夕方の5時までが勤務時間で、お昼休みは12時から1時までピッタリ1時間あって、その上、毎週土日がお休み‥‥なんていう天国みたいな労働時間で生活できる人はマレなワケで、多くのニポン人は、もっともっと働いてる。週休2日で9時5時で計算すると、年間の労働時間は約1680時間になるし、この他にお正月休みやお盆休みも計算すれば、年間1600時間てのが「理想的な労働時間」てことになる。そして、この「理想的な労働時間」で、多くの国民が豊かに暮らせてるのが、ドイツやフランスだ。ドイツ人の平均労働時間は約1600時間、フランス人の平均労働時間は約1700時間なのだ。

で、ニポンはと言えば、先進国の中では最悪で、平均で2000時間を超えてるそうだ。つまり、ニポン人は、ドイツ人より400時間も多く働かないと、人並みの生活ができないってことなのだ。そして、ヒトクチに「400時間」て言っても、これは、見方によって大きくイメージが変わる。たとえば、毎日のこととして考えれば、1日に1時間ちょい多く働くだけってことになるから、そんなに大きな差とは思えない。でも、月間の労働時間にして考えてみると、これが、あまりにも大きな差だってことが分かるのだ。ドイツ人の年間の労働時間が約1600時間てことは、単純に12ヶ月で割れば、1ヶ月あたり133時間てことになる。フランスの場合なら、141時間てことになる。つまり、「400時間」てのは、ドイツ人の3ヶ月ぶんの労働時間に当たるのだ。ニポン人は、ドイツ人やフランス人よりも「3ヶ月も多く働いてる」ってことになるのだ。

アニメの時間

まあ、ドイツやフランスと比べたら、日本人は働きすぎなんだろうけど、アメリカやイギリスと比べたらそれほどでもない。



問題はその先で、

‥‥そんなワケで、あたしは、今でこそ1日に12時間くらいしか働いてないけど、足を大ケガするまでは、1日に最低でも15時間以上は働いてたし、それを1年365日、元日から大晦日まで、1日も休まずに続けてた。だから、そのまま掛け算すれば、年間に5500時間も働いてたワケだし、今だって、1日の労働時間はセーブするようになったけど、土日をメインに働いてるから、基本的にお休みはない。今年は、お正月にちょっとだけお休みして、1月の母さんの手術の時にお休みして、あとは、パチンコに行った時と水族館に行った時くらいなので、トータルしても半年のうち1週間くらいしかお休みしてない。

     (中略)

でも、母さんの手術が無事に済み、医療費が格段に安くなった今は、年間に4000時間の労働でも、何とか人並みの食生活を送れるようになったし、光熱費を滞納することもなくなった。そして、未だにビールや発泡酒は高くて飲めないけど、第3のビールなら週に2~3回は飲めるようになった。これは、あたしにとってはものすごい出世で、2~3年前には、まさか、こんな日が来るとは思ってなかった‥‥って書くと、あたしの生活水準がずいぶん上がったように感じるだろうけど、これは、すべて、年間に4000時間を超える労働によって成り立ってることなのだ。

被雇用者だったら、労働基準法違反じゃないのかな? 1日8時間、あるいは1週40時間以上働かせてはいけないはずなんだが…。

ヘアメイクってそんなに実入りの少ない仕事なんだろうか? これなら、スーパーマーケットのパートの方が豊かな生活ができる。

2009.06.20 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

病気の母さんを抱えて働いてたとかいう設定なんじゃないですか。

2009.06.23 00:30 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

妹がヘアメークを職業としている人を知っているんだけど、

   忙しい人は収入が多い

   暇な人は収入が少ない

のどちらかだそうです。

2009.06.23 10:15 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2197-b440ba7c