FC2ブログ
たまたまこんな記事を見つけた。

私と二代目開業医という 2人のオッサンが「怪談」を見ようと赴いた映画館は 館内に大小様々な客席規模のスクリーンが複数あって 同時に10本前後の映画が上映されている。

「怪談」が上映されるスクリーンは 座席が40人分しか無い小ぶりな部屋だが、入ってみたら 最後列の中央に女の子が1人座っているだけで 私たち2人合わせて3人以外に客がいない。^^;

「おいおい、いくら平日だからって こんなに客がいないんじゃ ツマンネェんじゃねのか? これ」

私以上に辛口な二代目が そう言った。^^;

     (中略)

さて、エンドロールが流れ終わり、室内が明るくなったのを期に 帰ろうと立ち上がった私たち二人だったが…

ふと、二代目開業医が

「あれ? 最後列の真ん中に女の子が座っていたよな?」

と、呟いた。

見ると、最後列には 誰の姿も無い。

上映中、人が出て行った気配や音など記憶に無い。

二代目開業医と 一瞬、見つめ合った私。^^;

「ま、こんな時に アレだ^^; とっとと帰ろう」

そう言って 逃げる様に足早に後にしたのは言うまでも無い。

怪談


♪頬を打つ風がリアルさを伝えてる
  これは幻なんかじゃないんだって
  そっとささやく

  ねぇ僕の目の前にいたのは
  本当の君だったのに

「怪談」を見に行った体験談がすでに「怪談」というオチですね。w

2009.08.27 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2289-fa497fd5