fc2ブログ
国民が司法権を民主的に統制する制度として最高裁判所裁判官の国民審査がある。

これは、衆議院選挙のたびに行われており、投票所に行くと、投票用紙とともに裁判官の氏名を記した用紙が渡される。その用紙の一覧表の中から最高裁裁判官として相応しくない人物を選び、氏名の上にある欄に×印をつけて投票する。そして、×が過半数を超えたら、その人物は失職するという制度だ。

ところが、この制度ができてから60年以上経つが、誰一人として失職してはいない。つまり、有名無実の制度となっている。

オイラは、ここ10年間、国民審査があるたびに、ネットなどを使ってクソ裁判官を捜し、ソイツに×印をつけてきたが、なぜか、クソ裁判官ではなく、一覧表の最初の方の人物に多く×がつけられていたりする。

ちなみに、×印をつけなければ、信任されたことになる。つまり、何にも考えないでもらった用紙を投じたら、全員信任されてしまう制度なのだ。

まあ、オイラは懲りずに今回も国民審判をする。そして、一票の格差が2.17倍あるのに合憲としたクソ裁判官3人(涌井紀夫、那須弘平、田原睦夫)、イラク戦争でアメリカの味方をするように仕組んだ元ケツなめ外交官(竹内行夫)、国民が誰も望んでいなかった裁判員制度を導入したヒラメ長官(竹崎博允)など、計5名を失職させたいと思っている。


ところで、この国民審査なんだけど、じつに変な制度である。前と今回の衆議院選挙の間に選ばれた裁判官を審査するんだけど、選ばれたかりでまだ重要な裁判に関わっていない裁判官が3人もいる。それから10年後にもう一度あるんだけど、すべての裁判官が60歳代で定年が70歳だから、一度しかそのチャンスはないのだ。

一度も重要な裁判に関わっていない3名のうち、1名がヒラメ長官で、コイツは裁判員制度をムリヤリつくったという手柄だけで長官になった。ヒラメって上しか見てないでしょ。媚び・へつらい野郎が出世する世界なんだヨなぁ。マトモな判決を下す裁判官は左遷されるんで、最後にはヒラメしか残らない。

元ケツなめ外交官も、アメリカ様の意を受けてイラク戦争に日本を巻き込むという手柄を立てたんで、メデタク最高裁裁判官になれたのだ。

なんで元外交官が最高裁裁判官になれるかというと、最高裁判所裁判官は15人で、裁判官出身が6名、弁護士出身が4名、その他、学識経験者5名で構成されている。で、元外交官は「学識経験者」枠で任用されたのだ。

この構成ももともとは、裁判官5、弁護士5、学識経験者5だったんだけど、弁護士枠から1人出さなければならないときに、紛糾して、裁判官が1人分の枠を奪ってしまったのだ。

なんで、紛糾したかというと、弁護士枠といっても、第一東京、第二東京、大阪といったそれぞれの弁護士会が枠を持っていて、そこから選出することになっている。つまり、弁護士会内部での権力闘争が原因で出せなくなったという、国民の利益とはまったく無関係なことが原因だったのだ。

そのくせ、これをきっかけにして最高裁がハナクソ判決を連発するようになったと言われているから、国民にとってたいへん迷惑な話だったのだ。

じゃあ、元に戻せば(゚∀゚)イイ!じゃん、と思うでしょ。ところがどっこい。一票の格差は合憲というハナクソ判決を出した3人のうち、なんと2人が弁護士枠なんだよね。世も末だ…。


ところで、最高裁判所は1年間にいったい何件の裁判をこなしているのでしょうか? ナ、ナ、ナ、ナント7000件もあるのだ。

民事・行政事件の新受事件の最近5年間の推移【最高裁判所】

労働基準法は1日8時間あるいは週40時間以上働いてはいけないとしている。週40時間として1年間は52週あるので、2080時間である。

最高裁判所は、憲法判断をするときは15人全員(大法廷)で判決をくだすけれど、そうでない場合は5人一組の小法廷3つで判決をくだす。7000を3で割ると、1小法廷あたり2333件になる。2080時間を2333で割ると、53分30秒だよね。一つの判決に1時間かけられない計算となる。

じつは、時間内に食事したり、トイレに行ったりしなければならないし、お盆と正月は裁判所も休みだから、実際はもっと少ない時間しかない。

これでマトモな判決を期待するのはムリでしょ。


マトモじゃない人たちがマトモに裁判できる時間もなしに判決くだすんだから、マトモな判決ができるわけがないのだ。wwwww

だから、最高裁裁判官をもっと増やし、かつ憲法判断を専門に行う法廷をつくらなければ、ダメなんだよね。

ちなみに、アメリカと日本以外の先進国には、たいてい憲法裁判所があって、憲法判断はそこが行っている。

このくらいの改革なら、憲法改正なしでも、できるんだから、民主党政権には期待したいですね。(爆)

2009.08.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2291-ff225fe4