FC2ブログ
お笑いみのもんた劇場さんのサイトにこんな映像がうpされていた。

福岡伸一 問題は窒素の循環が止まること


■地球温暖化 二題

タイトルの「窒素」は「炭素」のマチガイですね。

いっしょにうpされている「朝生」の議論と重なるんだけど、福岡さんはかなり短いレンジで地球環境を考えています。

長いレンジ(ホントの地球規模)で考えると、地球の二酸化炭素濃度は一貫して減少しています。それは、生物が動物と植物に分かれて以来、植物が光合成を行った結果、二酸化炭素が炭素と酸素に分解されてきたからです。

いま起きている二酸化炭素の増加は、それから考えるとたいした量ではありません。植物にとっては、むしろ二酸化炭素が多くなる方が光合成がしやすいので、よいのではないでしょうか?

「環境はたいせつ」とか言っている人たちの多くは、じつは「人間中心主義者」で、人間のレンジでしかものを考えていないのです。

最後の方で宮台真司さんが「風の谷のナウシカ」を引用しているようですが、宮崎駿が連載したマンガ版「ナウシカ」のラストをご存じないのでしょうか?

2009.08.30 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2298-df1c93ef