FC2ブログ
イベントが始まり、まず、司会者の狩野恵里アナが登場しました。

狩野恵里プロフィール

狩野アナが自己紹介して、さらにゲストを呼びます。拍手の中、アッチと長谷部瞳さんが登場しました。

アッチは、青紫・赤紫・黄色の三色のワンピースでえ、胸元が広く開いてセクシィな感じ。一方、瞳さんは紺色のワンピースでした。

ちなみに、2人の放つオーラは、かつてオイラが会った从^.ゝ^从姫(及川奈央さん)の最大出力と同じくらいでした。(爆)


狩野アナ「会場はどうですか?」

アッチ「雰囲気が変わって、広い場所になってますね」

ちなみに、これからの発言は、オイラが簡単にノートしたものなので、正確ではありません。ご了承を…。w

狩野アナ「印象に残ったシーンは?」

ここでスクリーンに第1話「教室の悪魔」でイジメを煽っていた担任教師の手塚伸之(正名僕蔵)が生徒に屋上から突き落とされるシーンが流れました。

アッチ「できあがって本当に怖いなと思いました。本当にありそうなことなので…」

アッチ「このシーンは別撮りだったので、できあがって初めてこんなシーンだったんだと知りました。中学生に追いかけられるのが怖いですね」

つぎに、同じ「教室の悪魔」で自殺した少女をイジメていた3人を怨み屋が奴隷として売ってしまうシーンが流れました。

瞳さん「台本は読んで知っていたんですけど、見て泣きました。ドンときました。トラウマになったかも…」

そして、第3話「地獄の姉弟」で、星影静香(長谷部瞳)が城島進一(田中哲司)に、怨み屋の企画を出して褒められた後、なんの証拠も写真すらないことで怒鳴られるシーンが流れました。

瞳さん「じつは、1話の後、2話を飛ばして3話を撮ったんです。1話で田中さんにコテンパンにやられた後なんで、好感を持たれて、良かったなと思った後、またコテンパンにやられる。持ち上げられて落とされる方がイヤですね」

狩野アナ「こんどのシーンは偶然ですが、同じなんですよね」

第6話「心の闇」で星影が久我山学(螢雪次朗)を殺す直前のシーンが流されました。

アッチ「私が選んだところじゃないですね」

狩野アナ「ええっ!」

アッチ「星影さんと喫茶店で待ち合わせをするシーンです」

瞳さん「このシーン、怨み屋さんに見つめられているのが、なんか背中を押されている感じだったんです」

アッチ「やっちゃいなよ!」

瞳さん「(喫茶店のシーンは)朝6時くらいの撮影で、寝起きでボロボロでした」

狩野アナ「最終話まで現場は別だったんですか?」

アッチ・瞳さん「いえ、入れ違いのところが多かったです。(第1話の)すれ違いのシーンとか(もいっしょに撮っているので)」

狩野アナ「いっしょに仕事をするまでの印象は?」

アッチ「昔の映画で知っていて(同じ現場ではなかったけど)、(゚∀゚)イイ!女優だな!って…」

瞳さん「ドラマ見てたんで、あの怨み屋がいるのか!って…」

瞳さん「(いちばん驚いたのは)ロングヘアがカツラだったこと!」

狩野アナ「ふだんからショートが多いのですか?」

アッチ「いえ、このために切ってます!」

狩野アナ「いつもこんな感じ(の服装)なんですか?」

アッチ「いつもはもっとカジュアルです」


狩野アナ「さて、ここで、あなたの怨み晴らしますのコーナーです」

さて、このコーナーでは、さっきのアンケートからいくつかを紹介し、怨み屋さんが、引き受けたら「しかるべく」、引き受けなかったら「人を呪わば穴二つ…」と答えます。そして、紹介された人はサイン入り名刺をプレゼントされます。

アイコちゃん25歳の相談は、実家の母親にストーカーをする人がいるという、「本気と書いてマジ」な内容でした。さらに、3年前から覗き見され、警察に相談しても実害がないからと取り合ってもらえないそうです。ヒドイ話だ。

アッチ「しかるべく」

もう1人、ウチボリさんは、アッチのイベントに参加すると妻がヤキモチを妬き、ことごとく行っちゃダメと言われ、テレビ放送も見せてくれない、とのこと。

アッチ「奥さんもいっしょに見てくださいよ」

瞳さん「自分で何とかしてください」

アッチ「(この依頼は)受けません!…じゃなくて、人を呪わば穴二つ…」

30分経って、トークはオシマイです。つづいて握手会に。


つづく…。

2009.11.29 | アッチ(木下あゆ美) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2486-bd7e595d