FC2ブログ
筑波山で行方不明になり、その後、遺体で発見された大学教授について、このようなサイトができた。

■不審な事件を追って 事件解明へのお願い■

事件性については、解剖結果から考えると、なんとも言えないが、

下はパンツはいておらず、ももひき、ズボンのみはいていた。上は、いつも着ている下着のシャツも着ておらず、厚手のワイシャツのみ。ブレザー、ウィンドブレーカーも着ていなかった(その時期、つくばは寒く、シャツのみで外に出るのは考えにくい)。眼鏡、ズボン、帽子、靴下がない。革靴を左右逆に履いていた。カメラ、カバン(財布、テープレコーダー、手帳、カギなど入っている)もない。すべてなかった。

とあるように服装は確かにおかしい。

1日に100人も来ないオイラのブログに載せてもあまり意味はないだろうけど、情報提供願います。


最新の記事はこの下にあります。
この大学教授については、新聞でつぎのように報じられていた。

行方不明:76歳男性、戻らず 14日「筑波山の山頂へ」 /茨城

筑波山に登ったとみられる男性が夜になっても戻らず、14日夜に男性が宿泊する旅館からつくば北署に通報があった。同署は同日から署員を動員して捜索を開始。16日はつくば市消防団や署員ら約50人体制で捜索したが見つからず、日没で捜索をいったん打ち切った。同署は17日も引き続き捜索する予定。

調べでは、男性は新潟市内に住む私立大学教授(76)。男性は14日午後2時ごろ、「筑波山の山頂にある『ガマ石』を取材に出かける」と旅館に言い残して、ケーブルカーに向かったのを最後に行方が分からなくなっている。旅館には貴重品などが残されていたという。男性は、13日から筑波山神社近くの旅館に2泊3日の予定で宿泊し、「がまの油」の本を執筆するために取材をしていたらしい。

同署によると、筑波山では今月に入ってから、首都圏から訪れた登山客が一時行方不明になるケースが、既に2件起きているという。【栗本優】

『毎日新聞』(11月17日16時16分更新)




茨城・筑波山の男性不明:行方不明の元大学教授の遺体、発見 /新潟

先月14日、筑波山(茨城県つくば市)で行方不明になっていた新潟市浦山4、元大学教授、池田庄治さん(76)は今月3日、山中で遺体で見つかった。当初、捜索していたつくば北署は「遺族が公表を望んでいなかった」として遺体発見の事実を伏せていたが、遺族が見つかっていない池田さんの所持品について情報提供を求めたことから一転、公表した。

調べでは、池田さんは先月14日午後2時ごろ、筑波山の山頂付近にある「ガマ石」の取材に出掛けた後に消息が途絶え、今月3日午前8時20分ごろ、つくば市筑波1、つつじケ丘レストハウスから西に約700メートル離れた中腹で遺体で発見された。池田さんに目立った外傷はなく、司法解剖の結果、心筋梗塞による病死と断定された。

『毎日新聞』(12月22日16時35分更新)

2006.12.31 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.02.17 16:58  | # [ 編集 ]

こちらこそ。

2006.02.17 20:05 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

事件当時、これを知って不可解だなあ、と思ったのを覚えています。結局真相は何だったのでしょうかね?

2009.09.05 01:25 URL | 名無し #- [ 編集 ]

結局、その後どうなったのか? オイラも分からないんです。
有力情報も集まらなかったんでしょうかね。

2009.09.06 09:49 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/259-778c7141