FC2ブログ
…について「礼紋探偵社」の掲示板で話題になっていますが、それについて書きたいと思います。

結論からいうと、アッチの歌手としてのポテンシャルはかなり高いです。しかし、だからといって、歌手がオススメかというと、そうではないのです。


ここからの話は、かなり専門的、というか感覚的な話になるので、まずアッチの歌を聴いてからにします。

最初の歌は「特捜戦隊デカレンジャー」で、ジャスミン(アッチ)やウメコ(菊地美香)が活躍したときに、エンディングで流れる“girls in trouble! DEKARANGER”です。

girls in trouble! DEKARANGER


ここでの注目点は二人の声の質と発声する位置のちがいです。

アッチの声はいわゆる「乾いた」声、ウメコの声は「湿った」声なのです。ビブラートが少ない方が「乾いた」声、多い方を「湿った」声と言います。Ayu(浜崎あゆみ)やモッチー(持田香織)の声は「乾いた」声で、ヒッキー(宇多田ヒカル)の声は「湿った」声と言えば分かるでしょうか? 「乾いた」声は、アレンジで重低音を鳴らしても、声が消されないので、どんなアレンジでもOKです。一方、「湿った」声は、低音にかき消されてしまうので、軽い音のアレンジしかできません。

つぎに発声の位置なんですが、アッチは後(=奥)で、ウメコは前で発声しています。この二人、声の高さがほぼ同じなので、オイラには声が、上下にではなく、前後にズレて聞こえるのです。ウメコの発声位置がふつうの日本人の発声する位置で、アッチの発声位置は欧米人に近いのです。

この発声位置のちがいはけっこう深刻で、前で発声するとすぐに喉(=声帯)をやられてしまい、声が出なくなってしまうのです。発声位置が前にあるという点で、日本語は、音素(母音+子音の数)が少ないこと、音の高低差・強弱差が狭いことなどとともに、歌を歌うことを考えると、最悪の言語となってしまいます。

以上、アッチの声が「乾いた」声であることと、発声する位置がふつうの日本人よりも後(=奥)であるという2点から、オイラはアッチの歌手としてのポテンシャルはかなり高いと判断しています。


しかし、だから歌手がオススメかというと、そうではないのです。このことを論じるために、アッチが歌っている“hard rain ~ 止まない雨はない”を聴きましょう。

hard rain ~ 止まない雨はない


ここでの注目点も2つあります。第1に、最初の「言葉なんていらない」の「い」の音が「落ちている」ことであり、第2に、アッチの声が、アレンジの音と完全に被ってしまっているわりに、ちゃんと聞こえていることです。

第1の点ですが、オペラ歌手でも音が「落ちている」ことはよくある(ていうか、日本人のオペラ歌手は落ちていない人の方が圧倒的に少ない)ので、それでもって歌が下手とは断定できません。それよりも、この音が「落ちている」ことに制作者側がまったく気づいていない、ということが問題なのです。「耳が悪い」連中が制作しているのが最大の問題なのです。音が被っているにもかかわらず、アッチの声がそれなりに聞こえるのは、前にも書きましたが、アッチの声が「乾いた」声だからなのです。

第2に、同じことがこの歌のアレンジにもあてはまります。アッチの声とアレンジの音が被っていて、オイラにはとても聴きにくいのです。これは、ハッキリいうと、アレンジャーの「耳が悪い」からです。「耳のよい」アレンジャーは、歌手の声を殺すようなアレンジはしません。Every Little Thing の“Face the change”を聴いてください。

Every Little Thing/Face the change


これだけ重低音を重ねても、声が殺されていません。これは、モッチーが「乾いた」声であることも原因なのですが、それ以上に、音楽プロデューサーの五十嵐充がモッチーの声域を空けてアレンジしているので、音が消されないのです。


しかし、上記のことがらについて、ほとんどの日本人は聞き分けられないのです。聞き分けられたら、パージされる歌手や音楽スタッフがかなりいることでしょう。w

こういう日本のお粗末な音楽の世界では、もうすでに歌手として活躍している人はともかく、これからという人に歌手として活躍することを勧められません。

2010.02.28 | アッチ(木下あゆ美) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2698-58ff0990