FC2ブログ
ネタバレぎみのあらすじです。w




商品撮影専門のフォトグラファー・村田容子は、取引先で出版社勤務の森沢由梨子に出会う。由梨子に「人物、特に恋人の写真は撮らないのか」と尋ねられた容子は「好きな人の写真は一番撮れない、写真では人物の魅力を捉えきれないから―」と答える。

容子は学生時代、激しい恋に落ちた恋人・諸凪花世と別れたきり、人と深く付き合うことがなかった。

大学時代からの友人で大手出版社に勤める園田圭以子は、マンガを描かなくなった容子に「自分の一部を殺して部分的に自殺してる。心中したの? 容子と花世は…」と言うのだった。

容子は大学のサークルで花世と出会った。ともにマンガを描いていた2人は、写真撮影を通じてしだいに惹かれあい、ともに暮らすようになった。


「10年後、いっしょにいるかな?」「もし別れても、首吊らないでよ」


大学時代の友人の出版パーティーで、容子と圭以子は由梨子に遭う。少し前からお互いに惹かれあっている由梨子との関係に一歩踏み出したい気持ちが芽生えている容子だった。しかし…


由梨子と取材旅行へ出かけることが決まった矢先、容子は、偶然にも近所のペットショップで働く花世と数年ぶりに再会する。

容子の脳裏には花世と過ごした濃密な時間や突き刺さるような過去の痛みがよみがえる。


「何がもういいの」「私を嫌いなんでしょ、だったら私も花世を嫌いになる。それでいいでしょ」


「ホントは私なんかよりずっと淫乱なんじゃないの?」


「嫌いになった?」「ううん」


「容子は自分に対して何も疑問を持たないもんね」

二人に未来はないとわかっていても、時を経てもなお美しい花世の姿に容子の気持ちは揺れる。しかし間もなく、花世は容子の前から姿を消した。


由梨子の「自分を変えたくない? 何度でも新しい自分に逢いたくない?」という言葉を胸に抱き、変化を受け入れていこうと決心する容子だったが…。


圭以子たちと催したパーティーで、もう会うことはないと思っていた花世と再会してしまう。

パーティーの会場を去る花世に向かって、容子は初めてシャッターを切る。初めて撮った「好きな人の写真」、そのたった一枚の写真が映しだす、二人の未来とは―。

2010.04.20 | アッチ(木下あゆ美) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/2861-d1f54d1e