FC2ブログ
先週のあらかわ1の5人に続き、今度は日テレ取材班2人が遭難しました。じつは、他にもう1人亡くなっています。

 埼玉県警秩父署によると、25日午後2時半ごろ、埼玉県防災ヘリの墜落現場へ向かう途中の同署員が谷でうずくまっている男性を発見。男性は小さな声で「小池です。50メートルくらい上から落ちました」と言って意識を失い、県警ヘリで秩父市内の病院へ運ばれ、まもなく死亡したという。27日に家族が本人と確認した。

山梨・甲州の男性不明:あきる野市の男性、秩父山中で遭難死 /東京

亡くなった男性が書いていたブログがこちら。

甲 武 相 山 の 旅

去年のトムラウシ山の遭難事故について詳しい考察を書いていました。その人が亡くなるとは…。

そして、今回は日テレの取材班の2人が遭難しました。

 遭難したのは、日本テレビ報道局の北優路記者(30)と川上順カメラマン(43)の2人です。2人は31日午前6時ごろ、墜落事故の取材のためガイドとともに山の中に入りました。午前10時ごろに一度登山口に戻っていますが、2人は「機体が見える場所を探しに行く」とガイドに話した後、再び山の中に入りました。午後6時ごろ、2人が下山時刻になっても戻らなかったため、日本テレビが秩父警察署に救助要請を出しています。そして、1日朝は午前4時ごろから捜索活動が始められましたが、午前9時過ぎ、墜落現場から約2キロ下流の沢の中で2人は心肺停止の状態で発見され、その後、死亡が確認されています。2人の免許証やリュックサックなどがさらに50メートル下流から見つかりました。川上カメラマンは大学時代に山岳部に所属し、登山経験は豊富だったということです。警察は現在、同行していたガイドの話を聞いていて、事故が起きた時の状況について調べを進めています。

日テレ取材班2人死亡 ヘリ墜落事故取材中に遭難

専門家もかなり難しい場所だと言っています。

 埼玉県山岳連盟指導委員長・野村善弥さん:「(Q.最近多い遭難のケースは)一番多いのは道迷い。登山道ではないところに踏み込んでしまって、足を滑らせて滑落というのが最近かなり多い」「(Q.今回の現場であり得る滑落の原因は)大気がかなり不安定ですから、急に土砂降りの雨が降った可能性、かなり道が滑りやすい状態。登山道で脇の草はすごく滑りやすい。今回の遭難現場はベテランが行く沢登りのルート。そういったところに取材に行くこと自体、相当の装備と経験がいる」

「装備と経験がいる」日テレ取材班遭難で専門家

沢登りはやったことがないけれど、通常の登山とは異なる装備が必要なことは分かっています。あと、通常の登山道でも沢道は、尾根に登るところが急登になっていたり、激しく雨が降ってくると沢が激流になるなど、けっこう危ないものなのです。

 同行したガイド:「服装が薄着だったので、寒さを感じたので、そこで『やめましょう』と」「雲行きも怪しかったので2人に『ここまでにさせて下さい』と言って、同じルートを上がって帰ってきました」

 警察などによると、ガイドの指摘を受けて、日本テレビの2人はいったん引き返しましたが、その後、「機体が見える場所がないか探す」と言ってガイドと別れ、再び山に入ったということです。ガイドと別行動を取った理由について、日本テレビは「なぜ、事前の打ち合わせと違う行動を取ったのか分からない」としています。服装と装備については「不適切だったとは思わない」としています。秩父地方では、31日午後に入ってから局地的な雷雨がありました。警察は2 日、司法解剖して詳しい死因を調べるとともに、2人だけで山に入った経緯についても詳しく調べる方針です。

山岳ガイドが会見「薄着なので引き返した」

ここには書いてありませんが、2人は「バンキシャ」の取材で現地を訪れ、本日の放送に間に合わせるため、土曜日にムリをしたのではないかと思われます。

それにしても、最初に遭難した女性、ヘリの5人、同じ日に遭難した男性、そして、今回の2人、計9人が亡くなっています。山に登るときはそのリスクを考えて欲しいです。


リンクがキレてたら…
山梨・甲州の男性不明:あきる野市の男性、秩父山中で遭難死 /東京

 ◇ヘリ墜落現場そば

 山梨県甲州市の山中に車を置いて行方不明だったあきる野市、無職、小池雅彦さん(45)について同県警日下部署は27日、25日に埼玉県秩父市の山中で発見され、直後に死亡したと発表した。

 埼玉県警秩父署によると、25日午後2時半ごろ、埼玉県防災ヘリの墜落現場へ向かう途中の同署員が谷でうずくまっている男性を発見。男性は小さな声で「小池です。50メートルくらい上から落ちました」と言って意識を失い、県警ヘリで秩父市内の病院へ運ばれ、まもなく死亡したという。27日に家族が本人と確認した。

〔多摩版〕



日テレ取材班2人死亡 ヘリ墜落事故取材中に遭難

 埼玉県秩父市の山中にヘリが墜落した事故の取材をしていた日本テレビの記者とカメラマンの2人が31日に遭難しました。1日になって現場近くの沢で倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。

 遭難したのは、日本テレビ報道局の北優路記者(30)と川上順カメラマン(43)の2人です。2人は31日午前6時ごろ、墜落事故の取材のためガイドとともに山の中に入りました。午前10時ごろに一度登山口に戻っていますが、2人は「機体が見える場所を探しに行く」とガイドに話した後、再び山の中に入りました。午後6時ごろ、2人が下山時刻になっても戻らなかったため、日本テレビが秩父警察署に救助要請を出しています。そして、1日朝は午前4時ごろから捜索活動が始められましたが、午前9時過ぎ、墜落現場から約2キロ下流の沢の中で2人は心肺停止の状態で発見され、その後、死亡が確認されています。2人の免許証やリュックサックなどがさらに50メートル下流から見つかりました。川上カメラマンは大学時代に山岳部に所属し、登山経験は豊富だったということです。警察は現在、同行していたガイドの話を聞いていて、事故が起きた時の状況について調べを進めています。



「装備と経験がいる」日テレ取材班遭難で専門家

 埼玉県秩父市の山中にヘリが墜落した事故を取材中に遭難した日本テレビの記者とカメラマンの2人は、ヘリの墜落現場から約2キロ離れた沢で見つかりました。2人は林道入口から入ったことが分かっていますが、2人がなぜ沢で見つかったのかは分かっていません。周辺は、ベテランの登山家でも事故に遭うことがあるとても険しい場所です。現場の危険性について専門家に話を聞きました。

 埼玉県山岳連盟指導委員長・野村善弥さん:「(Q.最近多い遭難のケースは)一番多いのは道迷い。登山道ではないところに踏み込んでしまって、足を滑らせて滑落というのが最近かなり多い」「(Q.今回の現場であり得る滑落の原因は)大気がかなり不安定ですから、急に土砂降りの雨が降った可能性、かなり道が滑りやすい状態。登山道で脇の草はすごく滑りやすい。今回の遭難現場はベテランが行く沢登りのルート。そういったところに取材に行くこと自体、相当の装備と経験がいる」



山岳ガイドが会見「薄着なので引き返した」

 日本テレビの記者ら2人の死亡遭難事故で、山岳ガイドが1日夜に会見し、「薄着で天候も怪しかったので引き返しました」と話しました。

 同行したガイド:「服装が薄着だったので、寒さを感じたので、そこで『やめましょう』と」「雲行きも怪しかったので2人に『ここまでにさせて下さい』と言って、同じルートを上がって帰ってきました」

 警察などによると、ガイドの指摘を受けて、日本テレビの2人はいったん引き返しましたが、その後、「機体が見える場所がないか探す」と言ってガイドと別れ、再び山に入ったということです。ガイドと別行動を取った理由について、日本テレビは「なぜ、事前の打ち合わせと違う行動を取ったのか分からない」としています。服装と装備については「不適切だったとは思わない」としています。秩父地方では、31日午後に入ってから局地的な雷雨がありました。警察は2 日、司法解剖して詳しい死因を調べるとともに、2人だけで山に入った経緯についても詳しく調べる方針です。

2010.08.01 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

不謹慎かもしれないけど、正にミイラ取りがミイラになったっていう事件(事故ではなく)ですね。
自分達の手柄の為に、警察の自粛要請をも無視して結局自分達がまたヘリコプターを危険な任務に向かわせて。
この2人はガイドの言うことをなめて掛かってたんでしょうね。
海でも山でも、地元の人が危険と判断したら絶対に従わなければなりません。
http://www.youtube.com/watch?v=cADGCPsfFb8&NR=1

2010.08.02 22:43 URL | aska #- [ 編集 ]

解剖の結果、2人は溺死だと分かったので、道から沢に転落したのではなく、自分たちで沢に入ったようです。

となると、ガイドを騙したことになります。ガイドを騙してまで、ヘリの機体を撮ることに何か意味があるのか?とても疑問です。


玄倉川の事件現場は、西丹沢に行ったときに見てきました。あんな事故があったのに、河原でバーベキューをした跡がありました。

2010.08.02 23:25 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3090-48139a12