FC2ブログ
NHKによると、日テレ社員2人の死因は溺死だということです。

日テレ社員2人 死因はでき死

8月2日 19時33分

埼玉県秩父市のヘリコプターの墜落現場の取材に向かっていた日本テレビの社員2人が死亡した事故で、2人の死因はいずれも、でき死であることが警察の調べでわかりました。付近に滑落した跡がないことなどから警察は2人が川に流されておぼれた可能性があるとみて、行動したルートや死亡したいきさつを詳しく調べることにしています。

この事故は、埼玉県秩父市の防災ヘリコプターの墜落現場の取材のために、先月31日から山に入っていた日本テレビ報道局記者の北優路さん(30)と、カメラマンの川上順さん(43)の2人が、1日、墜落現場近くの川で見つかり、死亡したものです。警察は、2日、2人の遺体を詳しく調べた結果、死因はいずれも、でき死だったことがわかりました。警察によりますと、2人は川の滝つぼに下半身がつかった状態で見つかっていますが、付近に滑落した跡はなく、2人の頭や顔には数か所のすり傷や打撲の跡があるということです。また、遺体が見つかった付近では、先月31日の午後、一時、強い雨が降っていたということです。警察は、2人が雨で増水した川に流されておぼれた可能性があるとみて、3日以降、天候の状況を見ながら現場の調査に入り、2人が行動したルートや死亡したいきさつを詳しく調べることにしています。

2人の行動は警察の調査で明らかにされると思いますが、登山道から沢に転落したのではなく、自ら沢に入ったようです。

ということは、尾根道を行くとガイドを騙して、沢に入ったわけです。危険だから行くなというガイドの忠告を無視したわけですから、言い方はキツイですが、自業自得です。

しかし、墜落したヘリコプターの機体を撮影するのって、そんなに重要なんですかね。生命をかけるほど…。すでに空撮でなんども見せられているんですが…。

ものすごく疑問を感じてしまいます。

2010.08.03 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3093-6cd22c20