FC2ブログ
って、むかし、ロンブーの淳が言ってたな。w

木村佳乃タソは、「警視庁継続捜査班」ってドラマに、貴志真奈美(きしまなみ)役で主演してるじゃないですか。しかし、昨夜の「未解決殺人~復讐」は笑えた。

中年会社員を赤いボーガンでつぎつぎと殺した「赤い通り魔事件」の犯人・梅野昭憲(やべきょうすけ)が拳銃2丁を奪って脱獄した。彼のターゲットは、彼を逮捕した継続捜査班の岩瀬厚一郎(平泉成)。梅野は厚一郎の自宅に侵入する。そのとき、厚一郎は、一人娘・彩那(西原亜希)とともに、ホテルで娘の婚約者とその両親に会っていた。真奈美は矢吹慎一(筒井道隆)とともにホテルに到着したが、一発の銃声が…。
駆けつけると、梅野によって男が撃たれていた。男は真奈美に「ま・く・べ…」と言って死ぬ。男は古池正人(上杉陽一)といい、宮崎で高利貸しの女社長が殺害された「黒い鼠男事件」の容疑者だったが、アリバイがあったため、釈放されていた。

厚一郎の娘・彩那は、保育園の保母をしていたが、事情が事情なので家にいることを求められる。しかし、警察官の父に反発していた彩那はどさくさに紛れて保育園に行ってしまう。ところが、その保育園に梅野が現れ、彩那を人質に保育園に立てこもった。

オイオイ、いくら親に反発してるからって、こんなときに抜け出さないだろう。この娘、頭オカシイじゃないの?w

梅野は、幼い頃、父と別れ、母と暮らしていた。梅野の姓は母方であり、父方の姓が「真久部」であった。真奈美と矢吹は、梅野の父・真久部達郎(佐戸井けん太)を訪ねる。しかし、再婚して家庭のある達郎は梅野の説得を拒否する。

梅野が厚一郎に会いたいと言っているので、危険を顧みず、保育園に乗り込む厚一郎。しかし、真奈美は、梅野の態度から、梅野は警官隊に射殺され、それで自分を捨てた父親に復讐しようとしていると見抜く。かつての連続殺人もそれが狙いだったのだ。しかし、真奈美の主張を無視した捜査一課管理官・宮川学(高知東生)はSITに梅野の射殺を命じる。

このとき、どやどやってSITが出てくるんだけど、犯人にバレバレでやんの。アリエネー。w

娘を厚一郎に渡した後、わざとらしく銃を構える梅野。たちまちSITに撃ち殺されてしまう。しかし、矢吹が見ると、梅野の銃には弾は入ってなかった。

さすが真奈美、すさまじい洞察力。これこそ木村佳乃の魅力か!wwwww

彩那は病院に入院し、厚一郎はそれを看病しながら、寝てしまう。そこにやってきた真奈美。彩那に自分の父親の話をする。刑事だった父親に真奈美も反発を覚えていた。しかし、父のすり減った靴を見たとき、父のたいへんさを知り、自分も警察官になろうと思ったと語る真奈美。

翌日、娘の婚約者にあいさつに行く厚一郎に、なぜか真奈美も同行(ちなみに矢吹は外で待たされてるw)。婚約者の父・塚本暁(布施博)の写真を見つける真奈美。それは、むかし、暁が劇団にいたとき、写した写真だった。

たんなるヅラをつけただけの写真なのに、マクベスを演じていると見抜く真奈美。古池の残した言葉「ま・く・べ…」は、梅野の父の姓「真久部」ではなく、「マクベス」だったのだ。恐るべき洞察力。これこそ木村佳乃の魅力か!wwwww

そして、高木真人(田島優成)に調べさせると、古池のアリバイ証言をしていたのが、暁だったと判明した。

厚一郎、真奈美、矢吹が、暁の会社を訪れ、暁にただすと、暁はあっさり古池との関係を話してしまう。売れない劇団員であった暁は、子どもが生まれ、生活に困っていた。古池は、高利貸しを殺害して金を奪ったあと、アリバイ証言を暁に依頼していたのだった。

彩那のもとを訪れる婚約者。彼は、父が厚一郎に逮捕されたことと、婚約の破棄を伝えた。家で一人、涙ぐむ彩那がふと見ると、厚一郎の靴が…。ひっくり返して見ると、やはり靴はすり減っていた。その靴を見て、涙をぬぐう彩那。その顔には笑顔が戻っていた。

…といった感じで木村佳乃の魅力満載のドラマなんだが、来週でオシマイなのね。残念だな。(爆)

2010.08.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3150-7d77a69d