FC2ブログ
こんなモノが放送されるんだってね。

 1992年に26歳の若さでこの世を去った伝説的シンガー・尾崎豊さんの半生が、初めてテレビドラマ化されることが6日、分かった。作品は、テレビ東京系「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説(仮)」(3月下旬放送予定)で、若者のカリスマとして絶対的な人気を誇った尾崎さんを、俳優・成宮寛貴(28)が演じる。

成宮が尾崎豊になる!初の半生ドラマ化

覚醒剤で逮捕とか、斉藤由貴と不倫とかはともかく、境界性人格障害だったことも描くのかな?w

町沢静夫 著『ボーダーライン ―青少年の心の病』(丸善ライブラリー、1997年)からの引用はこちら。

尾崎豊2

これ、たぶん初めて書くんだけど、オイラの知り合いが尾崎豊を教えたことがある。もちろん、その人から直接聞いたワケじゃなくて、その人の同僚でオイラの友だちから聞いた話。

当時、某青山学院大学附属高等学校wでは、授業中、窓ガラスがバリンって割れる音がすると、教師も生徒も「あっ、また尾崎だ」って思ったそうだ。尾崎豊は、感情が激すると、窓ガラスを正拳で割ってしまうらしい。学校の備品が壊れた場合、施設費からお金が出るしくみなんだけど、あまりに頻繁なんで問題になったそうだ。

これは尾崎の父も認めていて、「夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった」という「卒業」の歌詞が原因で、夜、学校に忍び込んで窓ガラスを金属バットで割るバカが現れて、尾崎が悪く言われたことがあった。そのとき、尾崎父が「豊はそんなことはしていない。正拳で割ったんです」と、尾崎の死後、放送された番組で言っていた。

それはそれで問題だと思うんだけど、尾崎父の親バカぶりが発揮されていて、なかなか微笑ましい番組だった。wwwww

成宮さんは正拳での窓ガラス割りをやるんでしょうか?(爆)


リンクがキレてたら…
成宮が尾崎豊になる!初の半生ドラマ化

 1992年に26歳の若さでこの世を去った伝説的シンガー・尾崎豊さんの半生が、初めてテレビドラマ化されることが6日、分かった。作品は、テレビ東京系「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説(仮)」(3月下旬放送予定)で、若者のカリスマとして絶対的な人気を誇った尾崎さんを、俳優・成宮寛貴(28)が演じる。

  ◇  ◇

 原作は、音楽プロデューサーとして尾崎の才能を見抜き、世に送り出した須藤晃氏(58)の著書「尾崎豊 覚え書き」。アーティスト・尾崎豊に対し、誰よりも身近に、誰よりも濃密に接した須藤氏の目線を基にすることで、初のドラマ化が実現した。

 描かれるのは、16歳でオーディションに合格してから一気にスターダムを駆け上がり、そして衝撃の死に至るまでの生きざま。没後およそ20年、これまで語られてこなかったエピソードも交え、知られざる尾崎の素顔が浮き彫りにされる。

 主演の成宮は「最初にお話を頂いたときは、僕なんかでいいんでしょうか?と思い、なかなか決心がつかなかった」とプレッシャーの大きさを吐露。「尾崎さんに関する資料を読んだり、歌を聞かせてもらっているうちに、尾崎さんのマネをするのではなく、カリスマ性や時代性を反映する姿を演じることができたらいいなと思うようになりました」と、役への思いを語った。

 番組プロデューサーは、成宮の起用を「一番、尾崎豊に似ている俳優。雰囲気だけでなく、いろいろなことへの考え方が真摯(しんし)な点も」と説明。熱烈なオファーに、成宮は「ドラマを通じて、尾崎豊を知らない今の時代に生きる人々に知ってもらえたらうれしいです」と意気込んだ。

 また、ドラマ放送に先駆け、2月12日には、これまで公開されていないライブ映像や音源、手記なども盛り込まれたBSジャパンのドキュメンタリー番組「放熱の彼方~尾崎豊 知られざる伝説」(仮)が放送される。
(2011年1月7日)

2011.01.23 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3432-c9a65414