FC2ブログ
『AERA』('11.4.4)の「原発学者は揺るがない」という記事に対して飯田哲也さんが批判しています。

今週のAERAに事前提出したアンケートが掲載されました。しかし、まとめと本文がひどい。(妄想的)推進と(原理的)反対の単純二項対立にまとめられ、現実主義者かつ規範的な合理主義である飯田が後者に仕分けられてしまった・・http://bit.ly/czazDA

3月29日

で、例によって『AERA』を買って読んでみました。そしたら、なんと、この分類の基準になっているのが、武田邦彦さんへのインタビューなのだ。

「絶対の賛成と、絶対の反対との論争だからです。明らかに不完全な技術である原発をそれでも推進する派と、放射能の悪を原理主義的に攻撃するばかりの反対派がぶつかり続けてきた」(前掲書、p.29)

これは、「ぼくは、推進派からは反原発派と見られ、反対派からは原発推進派と見られてきた」「安全な原発の推進者」と主張する武田さんのかなり特異な立場からの主張なんだよね。w

ちなみに、この記事で推進派として名前が出ているのは、石川迪夫(日本原子力技術協会最高顧問)、神田啓治(エネルギー政策研究所所長)、諸葛宗男(東京大学公共政策大学院特任教授)、宮慶二(大阪大学名誉教授)の4人。

反対派は、安斎育郎(同志社大学国際平和ミュージアム名誉館長)、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)、小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)、坂本紘三(環境みらい下関理事長、下関市立大学前学長)、西尾漠(「はんげんぱつ新聞」編集長)、室田武(同志社大学経済学部教授)の6人。

オイラから見ると、推進派はかなり妄想的だと思うけど、反対派はいろいろいて一括りで論じられないって感じだよね(てか、広瀬隆いないじゃんw)。

たとえば、飯田哲也さんは原発反対・自然エネルギー推進だけど、室田武さんは原発反対・自然エネルギー反対だから。ちなみに、武田さんは原発推進・自然エネルギー反対なのだ。さらにいうと、オイラは室田さんと同じ立場。

ところで、武田さんに意見を求めたとき、『AERA』の記者は、どんな人が推進で、どんな人が反対なのか、リストを見せたのかな。室田さんの主張って槌田敦さんとほとんど同じだからね。武田さんは槌田さんをかなり高く評価しているので、室田さんのことを「原理主義的」とは言わないんじゃないのかな?

あと、飯田さんは、武田さんにジャッジされてるのが、不満なのかもしれないなあ。地球温暖化・自然エネルギーをめぐって対立してましたからね。

いままでの文脈が分からない人には理解不能な話なんだよね。(爆)

2011.03.31 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3628-ec5a8d2d