FC2ブログ
尾崎については過去にも書いてきたけど、とうとうこんな記事が…。

  1992年に26歳の若さで急逝した歌手、尾崎豊さんが残した「遺書」2通の全文を月刊誌「文藝春秋十二月号」が掲載している。尾崎さんが生前、夫人に心中を迫ったエピソードなども記事で紹介されている。

  同誌発売は2011年11月10日。尾崎さんは、1980年代に「ティーンエイジャーのカリスマ」として絶大な人気を誇り、「ファン葬」には4万人超が参列した。尾崎さんの急逝をめぐっては、後に他殺説が浮上し、遺族を巻き込む裁判にもなり大きな関心を集めた。

     (中略)

  尾崎さんが死亡した日に「肌身離さず」もっていたセカンドバッグから見つかった「遺書」には、

  「先日からずっと死にたいと思っていました」「さようなら 私は夢見ます」

などの言葉が並んでいる。日付は書かれていない。

  また、死後1か月経って、尾崎さんの母の遺影のわきで見つかった「遺書」には夫人や長男への愛情が綴られており、最後の1行は、

  「皆の言うことをよく聞いて共に幸せになって下さい」

と長男へ呼びかけている。

     (中略)

  記事によると尾崎さんは生前、夫人に心中を迫ったことがある。尾崎さんが死亡する20日前の92年4月5日、尾崎さんが「俺と一緒に死んでくれぇ」などと夫人に迫ったが、長男のことを夫人が口にすると、尾崎さんは「その場にへたりこんだ」。

     (中略)

  関心の高まりを受け、警視庁に尾崎さんの死亡に関する再捜査を求める嘆願書が10万人超の署名を添えて提示される騒ぎにもなった。警察は解決済みだとして動きは見せなかった。

尾崎豊は「自殺」だったのか 「死にたい願望」と「ボロボロのからだ」

10万人の署名のうち、1人がオイラだったりするわけよ。

認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちと言うものを…。(爆)

2011.11.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

尾崎氏死亡当日にセカンドバッグに入っていたとされる遺書なるものは偽物です。バッグの中に遺書がなかったことは警察が証明しています。17年前週刊文春で加賀による同様連載記事が掲載されたが、尾崎父、兄が否定記者会見を開き連載中止となりました。当時の経緯をしらない無知な若手編集者が加賀の持ち込んだ偽遺書のコピーに騙され掲載となった模様です。裁判調書の中で自殺、遺書の存在は否定されています。加賀と尾崎未亡人はグルです。なぜ今再び偽遺書をばらまき世間を騒がせたのか?来春公開されるシェ
リーという映画のプロモーションとささやかれています。未亡人が自殺、自殺、遺書、遺書と騒げば騒ぐほど、尾崎氏の死にやましさがあるとしか見えません。今般の報道と事実の違いはおびただしいほどあります。
ちなみに死の当日バッグの中に入っていたとされる夫人との2ショット写真は、実際は尾崎兄との2ショット写真でした。一時が万事こんな感じです。興味がありましたら尾崎豊板にお越し下さい。お待ちしています。

2011.12.17 09:11 URL | アンパンマン #- [ 編集 ]

あなたの書いた内容はむかしオイラが信じていたことと同じです。あなたも早く現実を見てください。w

2011.12.17 21:44 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

尾崎の父親と兄が否定してるんだよな。
それなのに、兄が遺書を渡したことになっている。
どうして?何が現実なのかわからない。

2013.11.07 23:42 URL | #- [ 編集 ]

>それなのに、兄が遺書を渡したことになっている。

その話、初耳です。

尾崎豊については、高校で彼を教えた知人がおり、その人から直接聴いたわけではありませんが、その人の同僚(この人は教えてはいない)からいろいろ聴いています。それによると、彼は、感情が激すると、衝動的に窓ガラスを素手で割ってしまい、ガラスが割れる度に「また尾崎か?」と言われていたそうです。

この話に出てくる、強い衝動性や怒り、虚無感は「境界性人格障害」の典型例であり、この人格障害にくわしい精神科医は、アルコール、けんか、覚醒剤、性的逸脱はお決まりのコースで、その先に死(自殺・他殺・事故死どれでも)もありうるとしています。

尾崎が「境界性人格障害」だったということは、別に彼をけなしているわけではありません。なぜなら、「天才」と呼ばれた人(詩人に多い)にも見られ、破天荒な人生を歩み、だいたい早死にしています。彼らは、自らの創造と引き替えに、短い人生を授かったのでしょう。

2013.11.08 14:21 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/3970-c5e77a5f