FC2ブログ
霊媒とは、神や霊に憑依され、その言葉を伝える人。審神者(さにわ)とは、その言葉の意味を解釈する人。

TBSの「ATARU」とか、フジの「鍵のかかった部屋」とかは、この霊媒-審神者型ドラマなんだよね。

「ATARU」の主人公チョコザイ(中居正広)は、サヴァン症候群であり、異常な記憶力があるが、コミュニケーション能力が低い。そこで、蛯名舞子(栗山千明)が彼の発する単語を解釈し、事件解決にあたる。チョコザイが霊媒で、舞子が審神者なのだ。w

フジ「鍵のかかった部屋」も同じ設定。防犯コンサルタントの榎本径(大野智)が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)や芹沢豪(佐藤浩市)とともに、密室殺人事件を解決するのだが、榎本がやるのは密室トリックを暴くところまで、あとは純子や芹沢が事件を解く。

鍵のかかった部屋

霊媒役が、ビョーキだったり、オタクだったりして、コミュニケーション能力が低く、彼らだけでは事件は解決できない。そこで、彼らの言葉を解して、事件を解決する審神者役が必要となる。

この手のドラマは、霊媒役のコミュニケーション能力の低さゆえにドタバタ劇となり、そこで楽しめ、さらに謎解きでも楽しめる。二重にオイシイつくりとなるわけだ。w


ちなみに、「鍵のかかった部屋」も数字をとってますね。w

 人気アイドルグループ「嵐」の大野智さんが“月9”初主演を務めるドラマ「鍵のかかった部屋」(フジテレビ系、毎週月曜午後9時)の初回が16日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

鍵のかかった部屋:初回視聴率18.3% 嵐・大野智の月9初主演作

2012.04.17 | ├ TVネタ | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4135-2c560d8c

まとめteみた.【霊媒-審神者型ドラマ】
霊媒とは、神や霊に憑依され、その言葉を伝える人。審神者(さにわ)とは、その言葉の意味を解釈する人。TBSの「ATARU」とか、フジの「鍵のかかった部屋」とかは、この霊媒-審神者型ドマなんだよね。「ATARU」の主人公チョコザイ(中居正広)は、サヴァン症候群であり、異常?...

2012.04.17 11:35 | まとめwoネタ速suru